2.26メイドカフェ体験記

@ほーむカフエ                                       10年ほど前であろうか、秋葉にメイドカフェができたと耳にしたのは。その時はこのサービスは一時的なものだと半信半疑。そして今年に入り東京都の&TOKYOのCM撮影で秋葉メイドカフェを初体験。それもロケハンと称して数軒のメイドカフェを回る。驚いたのはお客の多さだった。なんと外まで並んでいる。人気ラーメン店の光景だ。実はこの体験まで、お客はオタクと想像したのだが、外国人、女性も多いのに驚いた。ロケハンの私たち二人組が、一番オタクっぽいかも知れなかった。そして撮影で選んだお店は、@ほーむカフェ。

なんと4F〜7 Fまで3フロアを本店として持っている。2.26に撮影決行。本日の撮影は4名のメイドさんに歌とダンスのステージをお願い。もちろんオリジナル曲でオリジナルな振り付け。表現力は高かった。いまや新たなカルチャーとして存在していると感じた。メイドカフェを楽しむポイントは、お客も日常をいかに捨てられるのかが鍵だと思った。メイドさんの非日常に、お客の非日常が合わさった時、不思議な演劇空間が生まれる。照れたり、ドン引きしたら日常に戻されてしまう。ここが鍵だと思った。でもそれは全てに当てはまり、楽しむためには非日常を積極的に受け入れてこそ新たな領域に入り込めるのかも知れない。この映像は成田空港・新宿の都庁近辺のデジタルサイネージなどで近日公開される。実はこのシリーズは10本に及んでいる。いろいろな&TOKYOを半年間作り続けている。しかし、2.26といえば青年将校が体制に義憤を抱き政府に決起した日である。メイドさんダンスと歌を楽しみながらふと雪の日の2.26を思い出した。まさに東京である。

 

記hirashita

東京都足立市場マグロの競りに行きました  

競り会場から市場を見る台車に乗せられ運ばれるマグロ

東京都のPR映像「&YOU」の撮影下見で、足立市場に行ってきました。早朝5時30分からマグロの競りが始まりました。マグロと言えば「築地」が有名ですが、足立市場も東京都内の生鮮魚の流通としては大切な場所です。築地との違いは、特定の日を除けば一般の人に市場が解放されておらず、専門業の方々オンリーの取引の場であることが特徴だと思います。市場の中は凛とした空気感で、寒さよりも緊張感の方が張り詰めています。撮影本番は来週になり、朝4時からマグロを捌くシーン、その後、競り風景、そして市場の中という段取りで撮影をします。東京の魚はもちろん日本全国、そして世界から運ばれた魚たちで日本一、いや世界一魚の種類の多い市場だと思います。東京は政治経済はもちろん「食」についても日本の首都である実感がする場所です。そして、東京は日本全国でも抜きん出て有数の魚料理を楽しめる場所でもあります。下見を終えて市場入り口付近にある食堂で朝食をとりました。市場の方々にとっては、夕ご飯なのかもしれません。新鮮な刺身はもちろん、焼き物、揚げ物、煮物の魚が振る舞われます。多分、この食堂では、長い間同じ光景が繰り返されていると思います。東京はフアッション都市でもあり流行に敏感な若者を中心に、日進月歩でフアッションも変わって行きます。しかしこの市場は、昭和から姿も形も変わらず、世代だけが入れ替わり続いている場所でもあり、それでも決して時代遅れでも、昭和風でもなく、とても空気に溶け合っている不思議な空間でもありました。このブログを投稿した後、秋葉原のメイドカフェの下見に行きます。どんな東京に会えるのか楽しみです。

 

記hirashita

 

原宿神宮前商店会のインバウンドイベント開催

原宿観光大使

原宿観光大使

2016フアッションツアー

2016フアッションツアー

外国人観光客向け原宿ファッションガイドツアー「HARAJUKU Fashion Guide Tour 2016」が2/15日より三日間行われました。主催は原宿神宮前商店街。協力・渋谷区、経済産業省 クリエイティブ産業課、渋谷区商店街連合会、一般財団法人渋谷区観光協会、アソビシステム株式会社、タイムアウト東京株式会社などです。このインバウンド観光客向けのイベントも10回を数えています。イベントにはアソビシステムさんも協力され「谷奥えま・谷奥えりさん」のお2人も、原宿観光大使として案内を行いました。地域創生など無関係関係のような原宿でも、このような新たなニーズにたいる活動をしています。この活動で多くの外国人の対応は無理にしても、原宿地域の方々にとって、観光でこられる外国人はお客様である意識と、外国語の接遇への意識も街全体に広がるという効果もあります。また何よりもフアッション・新しい文化の発信地である自覚と、アピールができる大切なイベントだと思います。インターナルマーケティングといってもいいと思います。また興味深いのはイベント協力に、アソビシステムさんという新しい文化を生み出している会社も、観光大使の派遣はもとより、社長もイベントにも参加していることでした。社長は35歳で大変に若い社長ですが、地域との関係を大切にしている様子が伺えました。新しい文化と地域が育ててきたブランドが融合し、新たなブランドに育っていくのかなと思いました。地域創生というと「地域ブランド育成システム」だ、「まずは調査だ」など、一律のメソッドで地域創生活動ブランド作成を行う会社もあると聞きましたが、まずは自分たちで楽しんで、自分たちの価値とすべきことを考えて、まずは行動してみることが大切だと思いました。一律のメソッドなんてブランド育成には絶対ないと思うのですが・・・。

 

記 hirashita

Green birdさんの清掃に参加しました

green bird

green bird

2/1日、表参道をボランティアで清掃するgreen birdさんの撮影をしました。表参道は約1100mに及ぶ直線の道路です。第二次世界大戦後からこの道は、フアッションと先進文化の発信地だったことは、ブログでも取り上げました。

今回撮影したgreen birdとは、「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクトです。そのコンセブトは「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と< 宣言 >すれば、誰もがgreen birdのメンバーというものです。主な活動は、「街のそうじ」。でもこれは強制じゃありません。「街を汚すことはカッコ悪いことだ。」という気持ちを持つだけでいいのです。

撮影に先立ち、私もこの清掃に参加してきました。個人的な考え方ではありますが、市民活動などを撮影する場合は自分でも参加してみるというのを自分の尺度にしていますので、その一環です。表参道を往復してゴミを拾うので、2200m以上は歩いています。清掃は月曜日と木曜日、私は月曜に参加したのでゴミの多い日でもありました。ゴミは特に原宿駅近辺、喫煙場所、ゴミ箱付近が多いように思えました。参加したメンバーは10名ほど、シニアからか学生まで幅広い層でした。比率的には20代が多く感じました。

清掃をして感じたことは、表参道の綺麗な町並でした。それは、清掃を生業としている方々・ショップの方々の店舗前の日々の清掃、そしてボランティアによる活動などにより支えられています。ボランティアはgreen birdだけではなく、地域の小学校も課外活動で清掃をしている姿を見かけます。私も街の清掃に参加したことで、自分自身もゴミの始末について見直すキッカケになりました。そして、少し気分が良かったのも確かです。私たちの会社は原宿にあり、今回green birdさんの撮影で、地元で活動されている一部を知ることができました。私も今後は少し足元を見直したいと思っています。映像会社は地域商店会などとは無関係ですが、今後は商店街の活動に参加したいし、清掃活動も続けてゆきたいと思っています。地域おこし、地域創生などと直接は結びつきませんが、そんな近しい絆を考える機会を持つこともとても大切だと思います。

表参道は日本全国、そして今や海外から多くの方々が訪れられます。その方々も表参道の綺麗さには驚いているのではないでしようか。それは表参道を大切にする人たちと、綺麗な街を楽しむ人の「汚さない」という絆が機能しているのではないかと思います。

撮影をさせていただいたgreen birdさんには感謝です。

 

ちなみにGreen birdさんの合言葉は、

“KEEP CLEAN. KEEP GREEN”

自分たちが住む街をもっとキレイで、もっとカッコイイ街にするために。

活動は日本全国と海外にまで広がっています。

 

green birdさん撮影ご協力ありがとうこざいました。

記hirashita

車椅子バスケットの試合を撮影しました

車椅子バスケット東京大会

 

1/31日、蔵野総合体育館で東京都身体障害者スポーツ協会の主宰する、第16回東京都障害者スポーツ大会の車椅子バスケット大会が開催されました。私は東京都より依頼を受けている、海外から訪都される外国の方向けのCM映像製作のワンカットの撮影で、この大会に出かけました。

私は車椅子バスケットボールを見るのは始めての体験でした。最近は企業などのCMでも車椅子バスケットの選手が撮影されることもあり、情報や知識の中ではイメージはあったのですが、試合はそれらのCM映像から垣間見るスポーツとは別物に見えました。率直な感想を言えば、「激しい」「闘争心むきだし」「スピードが速い」「対戦時間が長い」というものでした。それはスポーツを形容する言葉と同一のものでした。もっと言えば、車椅子という金属の塊がぶつかり合い、その音と、倒れる車椅子、必死に立ち上がりゲームに戻ろうとする選手、周りは倒れこんだ選手とは無関係にゲームは進んで行く。ディフエンスがその間は一名減になり攻める方はチャンスになります。行く手を阻むのもぶつかり合い、格闘技とも思えるシーンの連続でもありました。倒れこむ選手を見てもかわいそうなどという発想は全く浮かびませんでした。早く立て、攻められているぞ、との思いの方が大きかったと思います。

日本のスポーツは、大きな大会に向かって、日本で障がいのある方々のスポーツがクローズアップされることが多くなり、スポーツの認知度も上がってきています。しかし、今回体験したスポーツ観戦の面白さは、その情報のイメージとは全く違うものです。このスポーツを巨大大会の一過性のブームで終わらせるのではなく、幅広い層がスポーツとして観戦を楽しめるものにならないかと思いました。

ともすれば雰囲気の中で踊ってしまいがちな私たちではありますが、新たなスポーツとして車椅子バスケットがファンを掴むことが大切だし、その価値と面白さのあるスポーツだと感じた撮影取材となりました。

選手は本当にいい顔をしていました。撮影にご協力をいただいた関係者の方々に感謝をいたします。

 

記hirashita