2016は動画の年?じゃなかった

今年も残り3日ほど、私から見た2016年は、インターネット動画の加速した年であったと思います。それは携帯端末の映像記録機能が格段に向上したこと、そして手軽に編集ができるよいになったこと、加えるなら自分の画像をアウトプットできる場所が一般化したことです。

「おでんツンツン男」は記憶に新しいとは思いますが、映像は誰でも主役になれ、誰でも撮影と編集ができ、誰でもアウトプットもできてしまうものになったのです。その映像は4Kクオリティで、テレビCMよりも素早く制作編集ができ、低コストで自らの意思で多くの人が見る可能性を持ち、同時に批判も賛同も得られるものになっています。こんな自由、今までにあったでしょうか。

昭和の時代、若者たちの自由の象徴は「車」でした。車は自分の行きたいところへ、自分の行きたい人と、自分のコントロールで行ける、まさに自由の象徴であったと思います。

いま若者は「車離れ」を起こしています。車業界は「若者に車を」と、躍起になって広告代理店に施作を提案させ実施させています。大手代理店はそれを推進しながら、その一方で、今後のメインストリームはネット・SNS、動画・VRであるとして参入に躍起になっています。この背反する活動が、時代が新しくなる邂逅であることを示しています。代理店は顧客の代理ですから実に率直に世相を示す機能でもあります。広告代理店は時代の先取りのような企業イメージを受けた次代もありましたが、今は本来の使命である、お客様の代理に徹することで、かろうじて名目を保っています。それが車の広告施作とネット施作に現れています。

一方、米国に目をやれば、米国大統領選挙結果は古き良き時代を取り戻す、多くの白人中流層の願いの結果ですが、時代は元には戻らないのではないでしょうか。先の「車」の例のように、経済の動きに歯止めは掛けられないと思いますし、広がったネットワークに国境は設けられない。もしそれを無理にすれば、彼らが批判する中国、北朝鮮と同じような統制国家を建設しなればならないことになります。トランプ氏は選挙の顔と実際の政治は違うと賞賛されていますが、進んでいる車にバックギアは入らないのだと思います。マルクス経済は批判に耐えられず死滅したと思っていたのですが、下部構造が上部構造を規定するという法則に従っているのが今の時代のようにも思えます。

さて今年一年を「WEB映像の加速した年」と思ったのは、現在の「自由」の象徴は「アクセス」にあり「つながる」ことにあると思ったからです。インターネットはビジネスモデルを変える産業革命だと言われたのは1995年くらいのことだと思います。しかし変えたのはビジスネスタイルでなく、「自由」の概念であったと思います。今後、もっと映像表現はネットで拡散すると思います。それは映像がそもそも直感的で、撮影機器の性能向上で誰もが扱えるようになったことで、自己の存在価値を示し、孤独感を払拭するためにもネットにアクセスする手法として拡大すると思います。映像の目的は、ネットへのアクセスツールであり、突き詰めれば、誰かとつながるツールだと思います。

私たちは映像制作のプロフェッショナルです。そのポジションで私たちの携わる企業の映像を考えると、本物・ミッションが問われる時代に入ったと言えます。映像は率直な表現です、CMのように全て演出なら別ですが、企業がネットにあげる映像は、商品の機能のみでなく企業の姿もリアルに現れてしまいます。私たちはレンズを通じて企業のリアルな姿を伝えることが映像制作のプロとして問われることだと思います。

2017は、オールクリエーターとオールミッションの時代。正直な姿を映し出す映像は、今年以上にその機能を全開にする年になると思います。

本年はありがとうございました。

2017年もよろしくお願いいたします。

記 hirashita

 

川口監督ドキメンタリー試写会 作品名「彼らの原発」(仮題)

物語は福井県おおい町の原発周辺で暮らす人たちの2104年の話である。2011年東北で大地震が起こり、絶対に壊れることはないと言われた原子力発電所がメルトダウンを起こし、直後東京に住む多くの外国人が避難し、夜になると東京の灯りは消えてしまい、首都東京も住めなくなると多くの人たちが思った。

そして震災からの復興と同時に、原子力発電所の再開の話が政府から出始め、2013年9月オリンピック誘致の成功、安倍首相が「under the control」と世界に発言し、原発事故は終焉したと多くの人たちが思った2014年の原発の町の話である。しかし2016年の今も世論調査では多くの人たちが原発の再稼動に反対している中で「おおい原発」は日本で最初の再稼動原発になると位置付けられ、日本の視線が集まる町になった。その町に監督は入り込んだ。

この作品を見る前私の予見は、映画は原発には否定的な作品であると思い込んで試写会に赴いた。また、二時間を超える長さ、ドキュメンタリーとしては中だるみ、飽きがくるのではないかとも思ったが、その二つの予見は見事裏切られることとなった。多分監督もアンチ原発という姿勢で取材を始めたとは思うが、原発の町で暮らす人たちへの取材の中で、迷いに苛まれているのが感じられた。私もどちらかと言えば反核・反原発の意見だとは思うが、この映画の途中から、反核・反原発の話は地元が原発の存在を認めるのか、認めないのか、という話ではないと気がつき始めた。

そして監督はカメラを持ち町民の日常の中にどんどん入り込み、今もなお細々と守られている地域の習俗、宗教、そして生活の糧を得ることに触れる中で、原発の問題は、都心で暮らす私たちの切実な仮題であり、日本の将来の仮題であると思い始めていた。

最近、福島から離れて生活する小学生が「バイキン」と呼ばれ、いじめられ、「保証金があるだろう」とタカられ、教師までが「菌」と呼んだ報道が紙面を飾っている。しかしこれは原発に反対する人の多くにある話ではないかとも思った。それは「原発を成立させているのは地域の金銭エゴ」だと思っいる人は少なくないと思う。地元が反対すれば原発は無くなると思っている。でも回答は簡単だ「沖縄を見ろ」である。沖縄県民はほとんどが基地の存在に反対し撤去を訴えている。「お金をあげているだろう」「減らすぞ」という政府の態度には誰も屈していない。米軍基地も原発も地域の問題ではないと思う。「代償としてお金をあげている」という都市に住む人たちの目線が、福島出身いじめを生んでいるのではないかと思う。その映画はそんな観念を真っ向から打ち崩してくれる。それは監督の意図したものではなく、町民の言葉、表情から伝えられるメッセージだと思う。私も映像を生業としているが、書籍や文章でメッセージするのと、映像はどこが違うのかと問われた作品である。町民の表情、監督の視線、監督の問いかけ。

米国ではトランプが政権を握り、韓国でも大統領が失脚し、ヨーロッパでもその兆しが見えている。マスコミはポピリズムの台頭として警戒感を持って論じているが、ナショナリストの台頭は反グローバルではなく、もはや「今の体制では幸せになれない」、という市民の声ではないだろうか。トランプに対峙していたのはクリントンではなく、本当は社会民主主義者のサンダースではなかったのか。いまナショナリズム旋風が世界を席巻しているのは事実であるが、それは「変革を望んでいる」声だと思うしそれは社会民主主義という選択もあるのである。とても大きな話になったが、この作品はおおい町の生活を通じて私にそんな問いかけを忍び込ませた。2014年という少し前の取材であるが、いまの仮題をとても穏やかで戸惑う町民たちの表情が伝えてくれる映像の力を示してくれた作品だと私は思った。是非この作品が全国で上映されることを望む。

 

記hirashita@impc.jp

「大統領選をマーケティングから見る」

米国大統領選挙は現代マーケティングの一部を見せてくれた。

大統領選のマーケティングの目的はもちろん「選挙選での勝利」。

トランプ氏陣営で優れていたのは政治信条とターゲットが明確であったこと。

そしてターゲットに対して徹底的なリサーチを行い、その結果を即座に対応に生かしていたことだ。

トランプ氏の戦略は

「過激な発言でマスコミの注目を浴びる」

「こまめなtwitterでの過激発言」

「その発言をまた支持者に即座にリサーチ」

「行動是正」

というPDCAサイクルを素早くしたこと。

例えばTV討論もマスコミは「クリントン陣営の優勢」と伝えていたが、トランプ陣営はリサーチを重ねておりマスコミのリサーチはどこ吹く風で、過激な発言とクリントン批判を3回の討論で是正することはなかった。マスコミはトランプ氏は戦略なしと評したが、彼の支持者アンケートではマイナス点にはなっていなかったのではないか。だから自信満々に続けたのではないか。

個人的にどちらの応援をしたかは別にして、最終戦接戦州で有名人を集めた

クリントン氏に対して、集会で赤いキャップ、時には作業用ヘルメットをかぶり「Change」と演説を繰り返したトランプ氏。クリントン氏の有名タレントと肩を組む姿は「俺たちとは違う」ということをトランプのターゲットである白人層に選挙直前にアピールした結果になったと思う。そしてマイノリティにも。

直前のマスコミでの支持率は2ポイントほどクリントン氏がリード、マスコミは選挙結果を見て「隠れトランプがいた」と自分たちのリサーチに疑いを挟まなかった。しかしマスコミのネット調査、電話調査の誤差範囲内であると思う。

時代の速度は速い、とりわけ感情に関する限り、数秒で変わることもある。

通常のリサーチと集計では間に合わないのだ。日本企業が大手代理店にマーケティングを丸投げしていると聞く。メーカーが営業部から課題を出し、それを社内でマーケティング・宣伝部門に提出、そして代理店用にブリーフシートが作られ代理店が受け取る。代理店は営業からマーケティング部門に渡し、そして社内で一揉みし仮説を作りそれを外部に委託する。この間で一月以上。そして多くはWEB調査へ。予算によって質問数を設定。そして集約したものを代理店が解析。そこで自分たちのビジネスがしやすい形で報告書をまとめる。最近、大手代理店の残業問題が取り沙汰されている。この問題は二つのことを示している。一つは労働環境を守ら無い企業風土。もう一つは高給をとり、会社と特定の飲食店通い、普通の生活をしない人たちが分析をする。こんな速度と、既存勢力では勝てないとトランプマーケティングは教えたのだ。

そしてトランプが強いのは、良かれ悪しかれ「なりたい者」ではなく「したいこと」があったのだ。大統領になりたいが先ではなく「強いアメリカを取り戻す」「白人中流層を取り戻す」ことの結果として大統領というポストがあったのだ、それを達成するためにマーケティングをフルに使っているのだ。

さて個人的に「大統領選をマーケティングから見る」をまとめると。トランプ氏は論点を「格差社会」に絞った。そして白人の低所得者をターゲットに、既得権益者とヒスパニックにその要因を定め攻撃を向けた。少なくとも彼の政治信条と目的が明快であった。この軸が今回の本来の大統領選の軸であったと思う。本来はサンダース氏とトランプ氏の戦いで次の時代が見通せたと思うのだが、クリントン氏はその論点を避け、漠然と女性、マイノリティ、多様性というイメージ戦略を中心にした、ブランドマーケティングという広告の手法で戦った。もし、サンダース氏が候補であれば、信条と信条でぶつかり合い、そして新しい道が見られ、アメリカは世界の道標になり続けたと思う。そのように考えるとまことに残念だとしか言いようが無い。トランプ大統領の誕生は、一重にクリントン陣営がブランドマーテケィングを実践したことに大きな原因があると私は思う。ブランドの中心にはミッションがあることを忘れてイメージ形成をするマーケティング手法が負けたのだと思う。

記hirashita

 

難民のための動画制作

今年の3月に、IOM(国際移住機関)の依頼で、ミヤンマーからの第三国定住の     難民の方を日本に受け入れる際、日本を理解していただくための60分ほどの     ビデオを制作しました。このビデオはミヤンマー出身の方に実際に出演して     いただき、ドキュメンリターの演出で日本で生活することを細かく伝えました。   言基本言語はは英語で、字幕としてビルマ語、ハカチン語などをつけました。    このビデオをマニラで見られた方々が、日本に到着しました。私たちの作った    映像を見られた初めての方々です。初めて日本に来る方々にとっては同国の人    たちのメッセージ、そして生活スタイルは励ましになったとの連絡を受けて、    嬉しく思っています。

今年に入り、日本では政府はシリア難民を5年間で150人受け入れるとしました。   難民受け入れに慎重な日本政府としては、世界情勢への貢献の姿勢だと思います。  個人的な感想ですが、情勢から見れば、少ない気がするのも確かです。とはいえ   シリア難民の受け入れ自体は評価できと思います。                私たちの社名はインタナシヨナルという言葉を看板としています。         今回制作したビデオがアジアで将来の不安に震える方の励ましになったと聞き、私  たちのミッションを強く感じています。

記:hirashita

パラリンピックの報道 少なくない

オリンピックが終わり、パラリンピックが始まっている。

オリンピックの時は、朝から晩までオリンピックの情報ばかり、世界ではいろいろな

事が起こっているだろうにと、少々壁壁としたのも事実。

さて、パラリンピックが始まってからその騒動は微塵もない。

昨今はいろいろな企業も、CMにパラリンビックアスリートを使い、新聞もアスリート

の記事を特集していた。

それなのに、あまりに少ない。

オリンピック情報は今でもパレードだ引退だとニュースは途切れないのに。

無実をほのめかしながら、示談をしてしまう不思議の報道の方が多いのだ。

なぜだろう、これまでいろいろなパラリンピックの競技を面白い、ドラマだと言って

いた人たちは、どこに行ってしまったのか。

24時間テレビに対するNHKのアンチテーゼは論議を呼んだ。

そうなのだ、取り上げるのはいいのだが自分への価値が無くなったら忘れてしまう。

怖いと思う。

4年後に、日本で大きな大会が始まる。それまでは「感動」だと持て囃し、終われば

忘れてしまうのだろうか。

そんなことを思いながら、ニュースを見ている。

記 hirashita

 

パブロの5周年ビデオ制作

パブロは日本・台湾・韓国に27店舗の販売店を持つチーズタルトの人気店です。

このタルトの特徴は、ステーキのように「レア」「ミディアム」など焼き上がりが選

べることです。

5年間で27店舗を全国展開できるのは、その商品力がしっかりしていること、そして何

よりも「生活者」に評価されていることだと思います。

 

他にもこの企業には魅力があります。

まずチーズタルトという看板商品を基礎にして、その地域の食材を活かしたチーズタ

ルトを作っていることです。地域特産を作ることで、地元との距離を近くしていま

すし、東京、大阪の人が旅をした時、一味違うチーズタルトを楽しめることです。

プロ野球のホームベース後ろの看板に全国展開の大型電気店の看板を目にすることが

あります。それはプロ野球は地元との密着度が高くその地方を象徴する一つであり、

その球団を応援することは地元との密着をPRすることにつながります。

そんな面からもパブロの地方展開はとても理にかなったものであると言えます。

 

もう一つのこの企業の特徴は広告費をあまり使わないことだと思います。

今回の私たちの制作したものは5thの映像で、お得意様などを招待してのパーティで披

露されるもので広告とは少し意味合いが違います。また表参道店オープンの披露映像

も制作しました。

私のいう広告はメディアのスペースを購入し、イメージ、商品を宣伝するもので、そ

の意味でTV、紙メディアなどへの出稿はパブロについては私は見ていません。

 

それではなぜ5thで他店舗を展開できたのか。

私の推察するには、まずは商品がしっかりしていること。客の中心が若い世代の女性

が多く、彼女らのSNSで写真がシェアされ広がってゆくこと。

そして何よりも行列ができる店として「取材」が多いこと。

地方にも配慮していること。

という点が挙げられると思います。

そして加えるならブランドマネードメントがしっかりしていることだと思います。

5thを一つの節目にこのパブロはまた新たな展開に入ると思います。

 

私たちも渋谷で映像動画制作をする企業として、お手伝いした企業が発展することは

大変に嬉しいものです。

 

記 hirashita

フレキソ印刷知ってますか?

日本の印刷機会はオフセット印刷機・グラビア印刷機が主なのですが、米国、EUではフレキソ印刷機が主流になっています。

フレキソ印刷は他の印刷と何が違うのか、それはインクが水溶性インクを使用できる点です。フレキソ以外の印刷方法はほぼ全部が有機溶剤を使用しています。      この有機性溶剤に対して海外では規制を設けています。日本でも有機溶剤使用については法律的規制をかけていますが、こと印刷についてはフレキソ印刷はクオリティが低いということで敬遠されているのが現状です。                   近年フレキソ印刷も製版、インク、印刷機が発展し品質も良くなっていますが、日本の市場自体に有機溶剤の知識が至っていないのが現状のようです。

欧米資本で日本でファーストフード店を展開する会社では、日本での販売商品に関してはフレキソ印刷を使用しています。有機溶剤使用の印刷物は、印刷時の大気汚染は元より、印刷会社の従業員の健康、そして何よりも食品を口に入れられるお客様の安全を考慮すれば、水性インクを使用した印刷物で食品を包装するという選択になると思います。

このように米国・EUでは健康、環境に対する意識が高く、販売する企業も健康、環境はサービスの一貫として捉えていると思います。

実は今回フレキソ印刷機の開発メーカーのお話を聞く機会があり、私も初めてフレキソ印刷というものを知ったわけです。有機溶剤は揮発するとPM2.5の発生源の一つとなるのです。

記hirashita

高畑裕太 強姦事件について思うこと

私たちは映像制作に携わる仕事である。そして渋谷という日々色々なできことが起こる場所にいる。でも、今回の強姦は許せないと思う。暴力で弱いものを制圧し、女性の大切なものを奪い取る。その奪われるものが女性にとっては命と同等の価値のある人もいる。今日の朝モーニングショーを見ていたら、メインキャスターがこの事件をこんな風に語っていた。「これだけの仕事を抱えていると、行動も自覚を持つことになるし、何かをした場合、自分一人の人生が狂うのではなく、これだけの人に迷惑がかかるというのは、もう20歳も過ぎてますし…」とコメント、自身も“迷惑”を被る一人でもあることから、険しい意見を述べたということだ。でもよく考えてみるべきであるこの強姦された女性のことを。また続々と母親を激励するメッセージが芸能界からネットで溢れている。私も映像に関わるものとして暴力を描くこともあるかもしれないが、暴力は被害者の気持ちになるということを肝に命じている。24時間テレビ「愛は地球を救う」で高畑はパーソナリティに選ばれていたそうである。降板は当然で、作り直しも当然。でもまずは「降板や差し替え」「周りの迷惑も考えろ」という前に、この卑劣な行為を徹底して批判すべきで、被害者へのいたわりのメッセージをすべきだと思う。それなして「愛は地球を救う」というメッセージは届かない。高畑裕太の強姦も憤るが、先のキャスターの「周りの迷惑を考えろ」は、もっと憤る。そして母親頑張れとメッセージされた方々も自分の母親、妹、娘が強姦にあったらと考えて発言すべきだ。そして横山ヤスシさんの息子が暴力を起こし、ヤスシさんが自らを処した時、「そこまですることはない、あなたに責任はない、頑張れ」とメッセージすべきだったのではないか。みのもんたさんの息子の窃盗の時も自らを処した。その時に「みのさん頑張れ」とエールを送ったのだろうか。もし今回強姦を受けた方が思いつめ、悩みの淵から出られなかったら、そんな風に考えてみるべきだと思う。

私は一映像関係者として、番組構成の被害ではなく、被害に遭われた方の心中を察し、お見舞いを申し上げたいと思う。

記hirashita

縦型動画

代表の中原です

映像業界に長くいる私にとって映像は常に「横長」でしたが

最近は事情が変わってきているようです。

 

こちらはアイドル・グループ lyrical schoolのPV

「Run and Run」

 

完全にスマホ内で完結する世界観で作られています!

面白いですね

ラップトップ型のPCよりも先にスマホの使い方を

覚える若い世代の映像リアリティはやはり縦型なのですね。

 

一方、こちらは元LINE社長・森元亮氏が立ち上げた「C channel」

こちらも完全に縦型。

https://www.cchan.tv

 

女子向け動画ファッションマガジンということで

オジさんにはあまり関係のないメディアですが

恐る恐る見てみると、確かにスマホで見ると見やすいです。

7月の報道によるとインドネシアなど東南アジア3国に進出、

ということです。

 

そう、アジア圏でラップトップ型PCの所有率が

スマホの所有率を上回っているのは日本だけなんです。

↓参考資料

http://cmmninc.com/mobile-commerce-smartphone-sea/

 

弊社は渋谷区神宮前にあり、最寄りは原宿駅ですが

海外からの観光客の方は

スマホさえ持っていれば、日本語なんて話せなくても

全然困っていない様子です。

 

企業PR映像も海外進出向けは縦型!

なんて時代はもうすぐそこまで来ているかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

明日は8月6日

代表の中原です。

 

明日は8月6日です。

 

今年5月、バラク・オバマ大統領が米大統領として

初めて広島を訪問しました。

Why do we come this place, to Hiroshima.

 

なぜだったのでしょう。

考えるきっかけとしてこちらの動画を見ていただけると

幸いです。

 

 

 

以下は、製作したディレクターからのコメントです

 

はじめまして、私はインタナシヨナル映画所属のディレクター・藤岡晋介と申します。この度、弊社製作のオリジナル短編映像作品『May 27, 2016 in Hiroshima』を、YouTubeにて公開する運びとなりました。監督をつとめた私から少しばかり本作品の解説をさせて頂きたいと思います。

【8.6から5.27へ】
本年2016年の5月27日、バラク・オバマ氏が現役のアメリカ大統領として、初の被爆地・広島市の訪問を果たしました。訪問への賛否は別として、ヒロシマとナガサキ、そして世界にとって忘れられない日になりました。
私の生まれは広島市です。両親祖父母ともにずっと広島の人間。うち母方の祖母が原爆投下によって被爆しました。
オバマ大統領の訪問が決定した瞬間から、これは生で現場に立ち会わねばならないと決意し、地元に帰りました。

公開した本作は、当日の広島市で私が撮影した映像が多く使われています。
個人的な原風景や、大勢の観衆とともに見つめた訪問の瞬間など、あの日の空気感がそこに刻まれています。
その映像に、オバマ大統領の演説のあるフレーズ、そして被爆した祖母と私のダイアローグが絡み合います。祖母に被爆体験を聞いたのは初めてでした。祖母はこれまで誰にもその体験を語ってこなかったそうです。
この作品の主旨は、「私」の視点から5.27と8.6を描くことでした。

あと2日で、人類初の原爆投下から71年が経過します。
あのできごとを風化させないために、オバマ大統領訪問の意義をもう一度考えるために、本作がそのきっかけになれば幸いです。