preview01

式典会場の上映で確認すること

こんにちは。鈴木康元です。
先日プロデュースしました、ある団体様の50周年記念式典の会場試写に行ってまいりました。
都内の某ホテルで、約600名参加の式典になります。今回は、お客様側の意向で、少し明るめの状態で上映されたいとのことでしたので、その状況を再現しての確認がメインでした。
実際の会場の明るさで確認したところ、会場の一番後ろからもテロップの視認性は問題が無かったので、まずは安心。
他も特に問題点は無く、あとは式典本番の上映が滞りなく行われることを願うばかりです。
弊社では、映像制作に付随して、上映についてのご相談も承っております。
その際、上映環境、会場設備として下記のようなことを留意する必要があります。
●スクリーンのアスペクト比は?(4:3、16:9?)
●送出する機器は?(HD画質ならblu-ray デッキ、SD画質ならDVDデッキ、PCからのデータ送出)
●プロジェクターの性能(明るさは何ルーメン?等)
●プロジェクターと送出する機器の接続
(最近はデジタルのHDMI、ちょっと前のPCからのアナログ出力ならVGA(Dsub15ピン)等)
●会場音声出力機器への接続(端子の形状は?)
●式典で上映するタイミングでの会場の明るさは?(必要に応じてプロジェクター機種交換)
映像制作の段階では、アスペクト比(4:3?16:9?)と、画質(HDか?SDか?、最近ではもっぱらHDですが・・)が確定できれば、まずは制作はスタートできます。スポットライト・ムービーを運営しています、インタナシヨナル映画は、企業様、団体様の周年記念事業用、各種式典用の動画制作も承っております。
東京渋谷区の動画制作サービス「スポットライト・ムービー」まで、お気軽にご相談ください。
Meiji Shrine

空撮 明治神宮と新宿ビル群

こんにちは、鈴木康元です。
前回に引き続き、ドローン(無人航空機)ではなく、人が搭乗するヘリコプターからの空撮をUPしました。今回は、明治神宮を含む空撮です。

動画制作サービス、スポットライトムービーを運営するインタナシヨナル映画は、東京都渋谷区にあります。住所は神宮前。つまり明治神宮の前ということですが、歩くと10分ほどかかります・・・。
明治神宮は、たまに通ったりしますが、都市のど真ん中にあるとは思えない静かで厳かな空間が形成されています。
10年ほど前、愛・地球博に関わった時に、公園の父 本多静六の本を読んだのですが、明治神宮の杜が人工林であったこと、さらには100年先の姿を見越して設計されたを知り、驚愕したものです。森は2011年に100年を迎えました。
また最近知ったのですが、明治神宮の杜にも絶滅危惧種のオオタカが棲んでいるというのも驚きでした。
空撮で明治神宮の杜と、周囲のランドマークになるようなビル間の距離を比較してみると、あらためてその広大さに驚きます。無機質な地図ではわかりにくい、空撮ならではの感覚だと思います。この動画のカメラワークは、私が知っている限り現在のドローンでは不可能で、有人ヘリならではのものと思われます。
Shibuya Crossing

ヘリからの空撮 渋谷スクランブル

こんにちは鈴木康元です。
今回はドローンでなく、人が搭乗するヘリコプターでの空撮です。
久々に「空撮」というキーワードでGoogle検索をかけてみましたら、ドローンの空撮に関連する話題ばかりで、当初から存在した本物のヘリでの空撮はどこへいってしまったのだろう・・と驚愕した次第です。昨年も検索する機会があったので、ここ半年くらいの「空撮」キーワードに関わる急激な変化だと思われます。
このような状況下で空撮の歴史も気になりまして調べてみましたら、史上初の空撮は1958年にフランスのナダール(本名ガスパール=フェリックス・トゥールナション )が気球から撮影したパリの街(もちろんスチールです)だそうです。
さて、弊社の空撮アーカイブでは、スカイツリーやレインボーブリッジ、東京駅からの新幹線発車等、東京は一通りあります。今回はスポットライトムービーの運営しています、インタナシヨナル映画のある渋谷区から素材をピックアップしてみました。

渋谷のスクランブル交差点です。レンズは42倍ズーム+エクステンダー2倍、最大84倍ならではダイナミックなヨリヒキです。専用のスタビライザーがカメラのブレを防いでくれています。

 

rice_terrace

そろそろドローンします?

鈴木康元です。「そろそろ終電なのでドロンします」というコメントを、ここ数年聞いていませんが確かに以前は飲み会の席などで聞いた気がします。思い過ごしでしょうか?すでに死語でしょうか?

今回は今話題の「ドローン」のお話です。以前はヘリを飛ばさないと撮れなかった鳥瞰の映像が手軽に撮れるようになりました。

今年の4月から5月にかけて、官邸や人混みへの墜落事故がニュースで話題になり、これを機にドローンの存在が一般にも広く浸透したのではないでしょうか。他にも「マルチコプター」など種類によっての呼称はありますが、これら一連の報道によりドローンの呼び方が一般化された感はあります。また、第1回 国際ドローン展(2015年5月20日(水)~22日(金))が幕張メッセで開催されたり、社会的、業界的にも何かと話題に挙がっています。

ドローンとは無人の遠隔操作できるヘリの総称で、身近なところで簡単にいいますと、ラジコンへりです。私も中学生くらいにラジコンカーブームの真っ只中でチューニングやら熱中していましたが、さらに高価なラジコンヘリにはあこがれたものです。そのラジコンへりが、日々進化するIT、撮影機器とマッチングされたものが、昨今巷を騒がしているドローンと考えてよいでしょう。

ドローンは当然のごとく、動画制作の現場にも数年前から徐々に浸透してきています。
以前は、俯瞰映像を撮影するならば、空撮レベルですとヘリコプター、低いものでしたらクレーンなどで行っていました。
そこに、もうひとつの手軽な選択肢ができたことになります。

ヘリでは、立地等の制約があり撮影できなかった場所からでも離陸でき、地面すれすれから、空撮レベルの高度まで、シームレスに視点に変化を与えながら撮影することが可能です。このあたりの撮影はドローンの得意とするところで、企業様、学校様の紹介映像においては、建物や周辺環境を含めた紹介を行う際など、変化に富んだカットを挿入することができます。

一方、小型ドローンは風に弱く、風速6m以上での飛行は危険とされています。 Phantom2は自動の姿勢制御機能を備えていますが、弊社では過度に機械に頼る事なく、あくまでも撮影者が自身でコントロールできる範囲で飛行させ、少しでも危険と判断すれば空撮は中断しています。弊社では安全を第一に、現場の天候、周囲の状況を総合的に判断し空撮を行っています。

ドローンには、上記のような風の影響のほか、操縦のための電波が届くエリアといった制約があります。そのため都市全体を捉えるような空撮や、長距離移動を伴う空撮ではヘリからの空撮という選択になります。
弊社では、動画制作の訴求点、ご予算に応じ最適な方法をご提案をさせていただいております。

先日、弊社所有のドローンの愛機DJI Phantom 2による空撮のテストロール動画をUPしました。カメラはGopro Hero 4です。ロケーションは秋田の廃校、公園の小路、民家、最後は棚田百選に選ばれている長野県の千代の棚田「よこね田んぼ」になります。

ドローンでの空撮動画も、東京渋谷区の動画制作サービス【スポットライトムービー】へお問い合わせください!

それでは、そろそろドロンします。

 

1964年 オリンピック 聖火の点火リハーサル - YouTube

動画に適したピクトグラムデータ?

鈴木です。
前回は情報をシンプルに映像で伝える手段、「ピクトグラム」を使用した動画制作について書いてみましたが、その続きです。

symbol-sign-male-female
そもそもピクトグラムは、言語表現無しの画像のみで瞬時に情報を伝える手段です。近代日本では1964年の東京オリンピックで訪日する外国人に、競技種目や施設をといった情報をいかに伝えるか?という課題解決の手段として活用が考案されました。IOCから日本における外国語の対応について懸念の声が挙がっていたそうです。そんな中、故 勝見勝さんをリーダーに故 田中一光さんや故 福田繁雄さんといったグラフィック界の重鎮によるチームが結成され、彼らが腕を振るうわけです。今回調べてみましたら、勝見さんが、その後に広く活用されることを鑑み、著作権を破棄する指示を出したという記述も見受けられ、その志にあらためて尊敬の念を強めた次第です。
今回は、ピクトグラムを動画で活用するにあたっての留意点です。
ピクトグラムのデータを動画に活用するにあたって、フリーライセンス素材を活用することが考えられます。WEB上で配布・販売されているデータの中から、イメージや全体の統一感を考えながらピクトグラムをピックアップしていきます。モチーフが特殊な形状の商品であったりすると、一から作成してしまいますが、通常の生活の中にあるものでしたら、大概は既存データの活用が可能で、納期がお急ぎの場合、作業時間の短縮にもつながります。その選択する際の判断基準として、ピクトグラムのファイル形式がAdobe illustlatorで扱えるベクタ形式(点と線の情報を元にしたデータ)であるか?があります。 拡張子は.aiや.epsになります。
WEBデザインのひとつとして使用する場合は.gif等の画像ファイルでも大丈夫かと思いますが、動画で使用する場合、動きの表現として拡大を行う可能性もあります。その場合、ピクセル数が少ない画像データの場合、エッジ部分のピクセルが階段状に荒れてしまう恐れがあります。下記、このサイトを運営しているインタナシヨナル映画のシンボルマークを例に、ピクセル数での違いをご覧ください。ピクセル数が少ない場合、拡大すると右のようになります。
logomark
これを回避するには、どれだけ拡大しても荒れないベクタ形式の素材が準備できれば安心です。印刷ほどシビアではないのですが、動画制作の現場でも同じように留意すべき点です。
また、ピクトグラムの一部を動かす必要が有る場合も、ベクタ形式ですとパーツごとの編集が容易です。動画制作以外でも、皆様がPowerpoint等でプレゼン資料を作成する際に使用するロゴマークや画像のレイアウトや、アニメーションを付加する際も同様ですので、ご参考にしていただければ幸いです。ピクトグラムを活用した動画制作も、東京都渋谷区の動画制作サービス【スポットライトムービー】までご相談ください。

120px-PublicInformationSymbol_EmergencyExit.svg

情報をシンプルなアニメーションに

こんにちは、鈴木康元です。
今日はピクトグラムの話です。
ピクトグラムは、パッと見て何であるか?理解できるように単純化したマークを指します。
例えば、人が走り出している非常口のサイン。公共交通の案内標識や、自動車の運転席にもワイパーなど機能を示す記号が記されています。簡単に言えば絵文字です。
近年、このピクトグラムをモチーフとした動画制作も多く見られるようになりました。
私が初めてピクトグラムのアニメーションを見た記憶は2004年の森美術館の企画展に出展されていたプロダクトデザイナーの深澤直人さんの非常口をモチーフにした作品でした。たしか非常口の人型が疲れて屈伸したり、女性のピクトに目を奪われたり。おもわず微笑んでしまう作品でした。
ピクトグラムは人型や、幾何形体を使用して物事や行為を表現することにより、情報を極力そぎ落としシンプルにし、必要な情報のみを際立たせる効果を持ちます。さらにこれをアニメーションで動かすことで、ストーリーを持たせることができます。
eコマースのサービス紹介動画などでは、ネットワークとユーザーの関係性を模式的に表現することにも向いています。ピクトグラムを活用したアニメーションは、難解になりがちなサービスや商品紹介を短時間にわかりやすく訴求していく動画制作の手段のひとつです。
例えば米国のネットワークサービス企業「CISCO」
病院で火事になったら何をすべきか?
【スポットライトムービー】ではピクトグラムによるアニメーション、ピクトグラムと実写による複合的な表現などご相談内容に応じ動画表現を最適化、ご提案させていただきます。
制作した動画を見たくなるか否かは、動画の置き方しだい。

動画を見てもらう方法、フレームを作ろう! 

こんにちは。インターンの根本です。

 

Spotlight Movie は素晴らしい動画をいくつも作ってきましたが(笑)、

まだ、うちでは、これらの動画をまとめて紹介するみたいのができてませんが、 これからやっていけたらと考えています。

そう、インタナシヨナル映画会社全体としても、本屋さんの本棚(フレーム)のようなものを作りたいのです!

そこで今日は、どんな風に動画を並べたら、より多くの人に再生ボタンをクリックしてもらえるかについて 書いてみようかと思います。

動画を見てもらうには

 

話が少し脱線しますが、

先月、池袋のリブロ本店が今年の7月末に閉店する、と新聞で読んで、ショックを受けました。

リブロといえば、新刊をタワーのタワー積みを最初にやった(黒柳徹子『窓際のとっとちゃん』をバカ売れさせた)書店で、

本棚作りを含め、いわゆる “本の見せ方” が巧い書店です。

動画を見てもらうには、1つの枠組み(フレーム)の中に多くの動画を体系的にまとめるのが一番じゃないかと思います

リブロ池袋本店

 

 

ちょっと朝日新聞を引用します。

 

(小林浩さんが)大学生の頃、毎日通っていた。

ある日、めったにみかけない旅行記が平台に積まれているのを見つけた。

迷ったが買わずに店を出ると、翌日には1冊もない。数日後再び発見して購入。

のちに書店員がわざと一度引っ込めたと知った。 「見事にだまされた。棚を眺めるのが楽しい本屋でした(と振り返る)。

作者を50音順に並べるのではなく、ある作家を中心に同時代の作家や影響を与えた作品などをまとめて陳列し、人物関係図がわかるようにした。

人文書担当だった今泉正光さんの手がけた棚が「今泉棚」とも呼ばれたように、棚に個性が表れた。

(2015年5月11日)

 

どんなに本の内容が素晴らしくとも、書店員が、その素晴らしさを見出し、

「見せ方」に工夫を凝らすからこそ売れる作品がある。

これを読んでいるあなたも、書店のそんな魔法にまんまと引っかかって、

思わず買うつもりのなかった本をレジへ持っていったことはありませんか?

 

動画制作会社の動画紹介

そんなイカした動画陳列をやってるなと思ったサイトをちょっと紹介します。

 

(1)  Vice Japan (バイス・ジャパン)

他メディアが入り込めないような、社会を深く、時にえぐく撮った動画を配信するサイトです。

世界30ヵ国以上に支部を持つユース向けメディア・カンパニーVICEが、

世界中で制作されたエッジーなコンテンツや日本のタブーに迫るオリジナルコンテンツを続々と配信してます。

 

『ドラッグ 貧困 売春窟 バングラデシュの女性が直面する過酷な現実   

見ていて胸がえぐれるような思いをしました。

でも、こういうのを歪な好奇心でなく、ジャーナリスティックな視点でものを考えるために これからも見たいなと私は思います。

 

さて、このサイトのライブラリーを見ると、アングラな雰囲気が出ています。

こんな風に動画を再生する前から、一つの世界が出来上がっているのを感じられます。

もちろん、1つ1つの動画のクオリティーが高いのが一番大きいんですが、

しっかりとした枠組みの中に動画を並べているところにも注目です!

 

(2)アースボイスプロジェクト

 

中小企業や地域の可能性を映像という言語で伝える、合同会社アースボイス。

親和性を重んじると謳っているだけあって、社風が掴めるような動画の宝庫です。

素晴らしい中小企業とコミュニティーを伝えるというジャンルに絞って、

様々な地域、会社、業種が一度に目に付くようになっています。

 

『おゝみグループ・就活生向け会社案内〜JAPAN TRADITIONAL VENTURE〜   』

https://www.youtube.com/watch?v=qUgVlNSVVZs    

 

我われ動画制作会社も、ただ依頼された動画を製作するだけでなく、

その動画を束ねる “本棚のようなもの” をサイトで展開していけたらいいなと思います。

china

動画の多言語翻訳

久々の鈴木です。暑い日々が続きますが、例年ですとそろそろ梅雨入りでしょうか・・。
Spotlight Movieを運営する弊社インタナシヨナル映画は、渋谷区神宮前にオフィスがあります。5分ほど歩くと原宿竹下通りですが、ここ1年半くらい急に外国人が増えた気がします。harajuku01

ラフォーレ原宿の前や竹下口のあたりを歩いていると、本当によく外国語が耳に飛び込んできます。先日も横断歩道で信号待ちをしていて、ふと周りを見渡すと、むしろ外国人のほうが多いのでは?という状況にも遭遇しました。

訪日外国人観光客が2013年に初の1000万人を越え、2014年は1300万人と着実に増加の一途をたどっているようですが、原宿の街を見ていると視覚的に納得がいきます。

弊社でも負けずおとらず、日常的に英語、スペイン語、中国語、フランス語、ポルトガル語、アラビア語等々、10言語前後の翻訳原稿が社内を飛び交っています。弊社では1952年の創設以来、動画による日本の情報発信を行っており、日本語で制作された動画を元に、お客様のご要望に応じ様々な言語バージョンを制作しています。

弊社での翻訳は、NHKの国際放送など第一線で活躍する翻訳者が行い、単純に訳すだけでなく、その国の習慣、宗教といったバックグラウンドにも留意しつつ、日本語原稿から様々な外国語訳へと最適化していきます。

翻訳したテロップ原稿が完成すると、日本語テロップからの差し替え作業を行いますが、言語によってMac、Windows環境での違いや、文字化けなどが発生します。また、改行の位置などにも気をつけなくてはなりません。弊社では経験豊富なスタッフが逐次確認しつつ、テロップの挿入、レイアウト作業を行っています。もちろんテロップのみならず、スタジオでナレーション入れも行います。
鈴木も今日は、中国語(簡体字)テロップチェックです。

企業様の海外進出、地方自治体様におけるインバウンドに向けた動画制作など承っております。また他社様で制作された動画からの外国語バージョンの制作についても、お気軽にご相談ください。