本日もありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

動画制作会社のインターン、スタジオ<ナレーション録音の現場>へ

こんにちは。インターンの根本です。

 

今日、「アクエリアム」というスタジオに行ってまいりました。

インタナシヨナル映画会社とたいへん付き合いの長い(約30年も!)会社です。

MA2-1.jpg

 

このブログでもかねてより強調してきましたが、

インタナシヨナル映画会社は海外広報に力を入れてる動画制作会社です。

日本の文化や技術を海外に向けて発信するという意図の動画もよく作っております。

今回、私は、その動画にナレーションを録音するところへ、お手伝いにそこへ参りました。

 

このようなスタジオに入るのは初めてな私でしたが、まず最初に目を見張ったのは、

ナレーターさんの地声とナレーション用の声とのギャップです。

「おお、すげー!!」と胸のうちで叫びながら、これ絶対ブログ書こうと思いました(笑

さて、さすが海外広報とだけあって、日本語、英語、アラビア語、中国語、それにアラビア語と

多様な言語フォーマット完成のために、各言語のナレーターさんにお越し頂きました。

 

中でも、印象深かったのはアラビア語のナレーション録りです。

まずアラビア語ってどんな感じかご存知ですか? そう聞いときながら、私もチンプンカンプンですが(笑)

※実際のナレーション原稿ではありません。

※実際のナレーション原稿ではありません。

これ、右から左へと読みます。

しかも、ふつーにWordではアラビア文字に対応できないので、

PC上でスクリーンショットして、それをPhotoshopとかで加工して、 ナレーション原稿を作ったりして、

弊社のスタッフでも未だに「魂が吸い取られるような作業」という声を漏らすものがいるほどです。

私も一回だけ試しに、練習で先輩に教わりながらWordにコピペしてみたことがありましたが、挫折しました(笑)

 

 

アラビア語をナレーションして頂いたのは、諸岡カリーマ・エルサムニーさんです。

獨協大学や慶應義塾大学でアラビア語教師として教鞭をとり、他にもコラムニスト、アナウンサーとしても活動されてる方です。

そんなアラビア語をいざナレートしてもらうと、またもや「壁」が!

カリーマさん以外、アラビア語が動画と合うように適切に発音されているのかを、確認することはできません。

尺に合わせて、読み上げる文章は数字で割り振られていますが、 発音などの方は、彼女自身に何度も確認して頂きます。

また、どうやらアラビア語は日本語より文章の幅を取る言語らしく、つまり、字余りしやすいようです。

そのため、ある程度はナレーターの方にセリフをカットしてもらい、リトライをするという形になります。

アラビア語のナレートをして頂きました。

アラビア語のナレートをして頂きました。

以前、「Spotlight Movie の動画制作依頼から完成まで」の回で、アニメ『SHIROBAKO』の画像を使わせて頂きましたが、

ナレーターさんのための部屋を見て、あのアニメを連想せずにはいられませんでした(笑)

いわゆる、アニメ声優さんがアフレコで使う環境との相違点は多少あるそうですが……。

 

 

そして、ぐっとくる言葉がありました!

「9番(読み上げる項目の番号)、もう一度ください」

「じゃあ、それ(ナレーターの声)もらっちゃいましょう」

  この台詞、『SHIROBAKO』もそうですが、テレビとかで、アフレコのシーンで時々耳にしませんか。

とにかく、あの台詞を生で聞けたことに感動しました。

声って「ください」と言って、「もらう」ものなんだな、って。

「読んでください」と言って、「録れました」となるものではない。

強いてそれを言葉にするなら、

「全員、その場では同じ目的を持ち、よりよいものへと追求するからこそ生じる尊重」が、

そんな気持ちの良い雰囲気を作ったのかなと思いました。

動画の尺に合わせて、ナレーションが入る。

実際に動画とナレーションを重ね合わせて、原稿を修正したり、ある部分は巻いて読んでもらったり、

読み上げるタイミングを再検討したり、編集したり……

そうやって “間” の取り方を皆さんで一丸となって模索して、

よりよくしていく様がそこにはありました。

静かな興奮すら覚えました。

実際にその場にいたからこそ、しみじみとそう感じられたのかもしれません。

動画の尺とナレーションがしっかり噛み合っているかなどを監督。

動画の尺とナレーションがしっかり噛み合っているかなどを監督。

 

監督さん、スタッフ、ナレーターさん、皆明るく親切な方々でした。

本日はたいへんありがとうございました。 これからもよろしくお願いいたします。

この時間のために頑張る!
と10年後もドヤ顔したい、と最近しみじみと思います(笑)

これがあるから頑張れるっ!!職場の昼休み、食事(☆∀☆)

こんにちは。最近21歳になった、インターンの根本です(笑)

前回のブログ読んだ方なら、もしかしたらお察しでしょうか。

いや~画面越しから盛大に「おめでとー」の声がまったく聞こえてこないのが、非常に残念です!(笑)

 

さてはて、そんなテンションに乗っかりまして、今日はくだけた内容を書こうかと思います!

職場の昼休み、食事についてです!

 

実は、弊社インタナシヨナル映画会社(IMPC)では、以前、

日本の社員食堂を海外に向けて紹介する動画なんかを作ったことがありますが、昼休みの食事って大事ですよね!

これがあるから頑張れる! って人も多いはずです。

 

IMPCでは、スタッフは各自時間を見つけて、昼食を取ることになっています。

私はよく先輩方におすすめの店に連れて行ってもらったりして、すっかり明治神宮前が好きになっちゃいました。

表参道や原宿の方面とはまた違った風情のお店が、周辺にあることをこの数ヶ月で知りました。

 

(1)yao イタリアンレストラン

ここは初日に行きました。「鶏肉のりんごクリームソース」。不思議とこの酸味がたまりませんでした。

鶏肉のりんごクリームソース

 

 (2)Rico curry (リコ・カレー)

ここもも弊社から歩いて3分くらいのところにあるお店です。

テイクアウトとかできるカレー屋さんです。ラム肉カレーとか、ちょー美味しいですよ!

カレーお持ち帰り

 

 (3)Cocongo (ココンゴ)

 

最近気になったお店は、なんとラクダさんがお出迎え!タイ料理が食べられるお店です。

明治神宮前の郵便局の入口からまっすぐ進むとこの店に突き当たります!

Cafee Cocongo

Cafee Cocongo

アデュース、ラクダさん!!

アデュース、ラクダさん!!

店の中には、エキゾチックなオブジェが多くあって、味もGood!

……ところが、ここ、五月で閉店するそうなんです!(泣)

 

昼休みの食事があるから、目の前の仕事を頑張れる!

って単純な思考回路かもしれませんが、このノリをもっとちゃんとした社会人になっても持ち続けられたらと思います。

インタナシヨナル映画会社は、明治神宮前駅(原宿)から地味に歩きます。

8分くらいかかりますし、橋渡らなきゃいけないし、道路沿いで表参道のような景観はありませんが、

都心のど真ん中にして「まあまあ喧騒から離れた位置」にあります!(笑)

 

Spotlight Movie やあるいはその他の仕事上のお付き合い等で、弊社にお立ち寄りいただく方もいらっしゃると思います。

そしたら、楽しいランチでご一緒することもあるかもしれません。

お昼休みに自分だけの「お気に入りのお店」レパートリーを増やすのも悪くないじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

空

黙祷……3.11(東日本大震災)を想う。

こんにちは。インターンの根本です。

 

 

今日は3月11日です。

4年前の今日、14時46分、世界中を震撼させた東日本大震災が発生しました。

その一時間後には、福島第一原子力発電所はメルトダウンし、

後に、INESから至上最悪のレベル7の被害と位置づけられてしまいました。

新聞のトップ記事にでかでかと載った瓦礫や火、津波や強い揺れがもたらした人知を超えた被災の痕を見て、

ようやく実感が湧いてきたのを覚えています。

 

東日本大震災の発生時に「何をしていた? 」と聞く光景が、以来、よく見かけるようになりました。

インタナシヨナル映画会社は、当時は新橋にありました。

その頃、私は当然いませんし、スタッフの顔ぶれも現在とけっこー違ってたようです。

 

「あの日から何年経った……」「あの日、あの時、何をしていた?」

そんな言い回しが聞かれるようになる度に、胸がちくりとします。

 

震災の深夜、3月12日になる頃に、私宛にオーストラリアのホストファミリーから一通のメールが届きました。

「大丈夫か? 無事だったら、どうか返事してください」。そんな内容でした。

当時、睡眠薬を処方してもらっていた私は、とにかく自分が眠ることしか頭にありませんでした。

なにやら大変なことが起きている……でも、眠い。

 

しかし、そのメールを見て、ショックを受けました。

「私より遠く離れている彼らの方が、意識が高いな」と。

しかも、皮肉なことに、私はその瞬間に誕生日を迎えました。心に押しやっていた不安が顔を出し始めました。

 

一方、海外からのメールを頂いたのは、私だけでなく、インタナシヨナル映画会社も同じだそうです。

海外広報に力を入れてる関係もあって、仕事仲間からの安否を問うメールが来たようです。

読み手も少々、驚くほどの心配ようだったとか。

海外の人にとっては、関東だろうと九州だろうと関係なく、

切実に日本に住んでる人たち全員をえらく心配したのでしょう。

 

日本にいた私たちは確かに、あの大震災を体験しました。

あの災いの残酷さを嫌というほど連日の報道や、街の空気で思い知ったはずです。

しかし、生きる手段や糧を文字どうり、奪われた人たちの切実さと脳内に残った臨場感を

誰もが持っていると言ったらそれは嘘になると思います。

 

悲しみの共有とは、平等ではありません。

東日本大震災に限らず、9.11テロ、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、新潟県中越地震において、

その場にいた者、近くにいた者、遠くにいた者、当事者と関わりのある者と――――

悲劇との距離は、人の数だけあります。

胸に抱える悲しみの重さもまた、それに伴って、人それぞれです。

 

そんなことを教えられたよう思いで、私はホストファミリーに次のように返信しました。

「Thank you !  I and my familiy are OK .In fact, today’s my birthday . So your mail is my birthday present. 」

(ありがとう!私も家族も大丈夫です。実は今日、私の誕生日なんだ。 だから、このメールは誕生日プレゼントです)

 

誕生日をhappy とは形容できません。

ですが、こんなドライな現実から目をそらすのは、逆にエゴだと思ったのです。

当事者のためにできることは、先に述べたような、悲しみの隔たりを縮めるために行動することだと思いました。

だから、募金への協力、ボランティア活動はそのためにしました。

 

 

 そして、今年の3月11日、

渋谷区の明治神宮前のインタナシヨナル映画会社にいて、新た思うことがあります。

メディア――テレビ、雑誌、新聞、ネット、ラジオ、語り部、写真、遺品――こそが、

「悲しみの隔たり」をこれでもかと訴える最強の手段の一つだということ。

IMPCの創立者、陸奥イアン陽之助ならば、いつまでもこの切実さを失わないためにも

「世界に日本を伝え」ろ、と言うではなかろうか。

 

そんなこと思いながら、黙祷……

 

 

 

 

about01

<続>Spotlight Movieに動画制作の依頼をすると? 依頼から完成までの流れ

こんにちは。インターンの根本です。

 

 

今回は結構前に書いた、「Spotlight Movieに動画制作の依頼をすると?」の続きです。

あれからずいぶん間が空いてしまい、すみませんでした(笑)

 

映写機とか陸奥イアン陽之助氏の回も強ち無関係ではありませんが・・・・・・

 

「何かのPRのための、またはイベントを盛り上げるための動画を作りたい」

とお考えになっていらしゃる方は多くいるかと思います。

そして、「それじゃあ、どっかの動画制作会社に作ってもらおうかな」と思い至る……

しかし、そうは言っても、制作依頼から完成までの流れが掴めないと何となく不安ですよね。

前回は、Spotlight Movie では、動画を取るとき、こういうことを心がけてます、みたいな内容でした。

 

今日は、もっと具体的に触れていきたいと思います。

題して、<続>依頼から完成までの流れです。

 

さて、動画制作を依頼するにあたって、

まず考えるのは予算と納期のことでしょうか。

 

まずお値段からですが、Spotlight-movieには15万円〜各種プランがあります!

ご予算に合わせて最もコストパフォーマンスが良いプランをご提案します。

納期についてですが、通常、初回打ち合わせから2〜3ヶ月ほどかかりますが、

納品まで1ヶ月以内のケースでも極力対応しますので、お気軽にご相談ください。

また、「映像を作ることになったけど何から手をつけていいかわからない」

といった 漠然としか思い浮かばない方でもお気軽にご相談ください。

弊社のプロデューサーが直接伺い、ヒアリング後に予算、クオリティ、

使用用途においてご満足いただける提案をさせていただきます。

 

 

さて、ここで本題に入りましょう。

依頼から動画が完成するまでの過程を9段階別に紹介します。

 

 

1 ご相談

使用用途がはっきり決まっている場合は「イメージシート」をお送りします。

それに記入してご返送してもらいます。我々がそのシートを丹念に読み込んでから、

ディレクター、カメラマン、CGクリエイターなどで最適なチームを編成します。

 

2 ご提案とお見積

お客様のご要望を伺った後に、どの映像をどのように制作するのか記した構成案と、

それを実現するのに必要な内約を明記したお見積もりを出します。

ご納得いただけましたら、発注書を発行します。

 

 

 

3 打ち合わせ

次にプロデューサーとディレクターで打ち合わせに伺います。

完成までのスケジュール、制作物の内容のすり合わせを行います。

その後も繰り返し打ち合わせを行なます。

CGや役者のオーディションも必要とあらばここで決めていきます。

 

 

4 撮影

ディレクターと撮影チーム(カメラマン、音声マン、場合によっては特機スタッフ)で撮影を行います。

構成案や台本をベースに議論しても、実際に映像になると違和感を感じる場合もあります。

お客様モニターをご用意しますので、カメラマンが覗いてる映像を確認して頂きながら、進めます。

C300_cho

 

5 編集

弊社の編集スタジオで映像の編集、文字のテロップ入れ、完成したCGとのドッキング等を行っていきます。

 

6 試写(プレビュー)

編集した映像をお客様にご確認頂き、細かな修正指示に対応します。

また、お時間を頂くのが難しい場合、映像をお送りしてメール・電話での修正指示にも対応します。

 

7 録音

ナレーションが必要な映像では、最終段階でプロのナレーターに協力してもらって、録音をします。

プロが読むとはいえ、ちょっとしたイントネーションや発音の強弱は、違和感につながることもありますので、

基本的にお客様にもお立ちあい頂いてます。

 

8 完成

完成した制作物はDVD, Blue-ray, Youtube用動画など、用途に応じて様々なフォーマットに変換してご納品します。

DVDやBlue-rayのチャプタ分け、大量コピーにも対応しておりますのでお気軽にご相談下さい。

Youtubeへのアップも行います。