言葉と映像

ご無沙汰しております。スタッフの藤岡です。

先日、シネマート新宿に「映画監督ジョン・フォード生誕120周年」の特集を見に行きました。デジタルリマスター化された『静かなる男』と『駅馬車』の二本立てです。

http://mermaidfilms.co.jp/johnford/

main

いやー、やっぱり『駅馬車』は傑作ですね!

一般的に、オーソン・ウェルズ『市民ケーン』が、映画史上最高の作品だと言われたり、ランキングでも一位になっていたりしますが、僕は『駅馬車』の方がその位置にふさわしいのではないかと思います。『駅馬車』には映画の醍醐味の全てが凝縮されていると言っても過言ではないかと!

さて映画トークはここらへんでやめておいて、今日は少しショッキングな映像をご紹介したいと思います。

しかし、ショッキングとは言っても、映像表現として、とても強く意義のある作品です。

下記サイトよりご覧下さい。

 http://www.lowechina.com/our-work/human-traffic-sign/

これはビュイックという自動車メーカーが、中国で制作したCMです。

国内で交通事故にあった被害者やその遺族が出演。彼らに交通標識を持たせて街頭や道路脇に立たせ、「人間交通標識」となってもらう。作品は主に車の運転手の目線で、その「人間交通標識」たちを見るアングルになっています。

ショッキングですが、とてもすばらしいCMです。なぜでしょう。

多くの映像作品において、メッセージやコンセプトなどその作品の伝えたいことは、ナレーションや字幕などの【言葉】よって伝えることが多いです。しかし、このCMでは最後に字幕が一つ入るのみで、ほぼ【言葉】を使用していません。

「人間交通標識」たちの奪われた肢体や、怒りが含まれた冷ややかな眼差し、それらの【映像】のみでこの作品はメッセージを伝えています。何を伝えているかは一目瞭然でしょう。【映像】の力がとても強いので【言葉】を必要ないのです。私が先に説明した、作品の設定すら、このCMでは説明していません。それでも一見しただけでその設定も伝わります。

【言葉】によって伝えたいことを補足しないと伝わらない【映像】は記憶に残りません。それは【映像】としての力が弱いからです。【言葉】とは便利なものなので、【映像】はそれに頼りがちです。【映像】のみで伝えるといことはとても難しいからです。

しかし私たち映像屋は、このCMのように視聴者の記憶に残る強い映像を作り出していかなければなりません。それは、CMだけでなく、映画でもテレビでも同じです。

そういった映像としての本質的なことを考えさせられる素晴らしい映像作品でした。

それではまた!

 

 

 

LED

こんにちは、代表の中原です。

青色LEDで日本の研究者3氏がノーベル賞を受賞し

話題になっていますが、この20年でLEDは私たちの

生活を大きく変えたようです。

照明器具は言うに及ばず、ブルーレイディスク、電光掲示板

スマホのバックライトなど挙げていくとキリがないほどです。

(海外から帰ってくると、信号表示のきれいさに驚きますよね)

日本のイルミネーションがとても奇麗なのも

青色LEDという技術が、表現の幅を大きく広げたからなのでしょう。

 

Spotlight movie ではまだ脚光を日本の技術に

光を当てるサービスを提供し、社会に貢献していきます。

日本にはまだまだすごい技術が陽の目を見ていないはずです。

企業の皆様、動画を用いたPR活動をお考えでしたら

ぜひ一度、ご相談下さい。

 

130312ECnabana

シーテック

はじめまして、PR動画事業部のスタッフジョです。

 

昨日は幕張メッセで行われているシーテック展示会に行ってきました。

通称「CEATEC(シーテック)ジャパン2014」は最新の情報技術(IT)やデジタル家電を紹介する展示会です。

シーテック展示会には初めての参加でした。規模の大きさと最先端の技術に目を奪われました。

特に東芝ブースの動画はとても斬新で環境を考える企業メッセージとブース内の東芝野菜作りなどの製品がぐっと伝わってきました。

人と卓球ができるロボットと音楽に反応するガラスなど面白いことが満載でした。

 

皆さんも足を運んでみるといかがですか?

明日までです。

 

詳しい情報は下記のWEBページを参考にしてください。

http://www.ceatec.com/ja/

ビル全ての窓を使ったコマ撮り

 

鈴木康元です。
前回に引き続きコマ撮りの動画です。
・・・といっても、かなり異色です。

ビル全体の窓を使ったコマ撮りです。
スイスの学生たち約100人による窓の開け閉めで、ビル全体がまるでピクセルアニメになったような効果がでています。

建造物全体の表現なので、プロジェクション・マッピング的なスケールですが、コマ撮りならでは感覚が味わえます。
画面左で、風を受けてざわざわしている木と、ビル右下の雲の動きに、時間の経過を感じさせられますが、雲はほんのわずかしか変化していません。おそらくほぼ一気に撮ったのでは?と思われます。
動画の後半はメイキングです。

屋外壁面を豪快に使ったコマ撮り

鈴木康元です。
本日はコマ撮りのおはなし。

鈴木が初めて購入したビデオカメラは、SONYのV800という機種で、当時学生だった鈴木は猛烈なコマ撮り衝動に駆られ、この機能を有した機種を物色していました。
そんな中、見初めたのがマニュアル操作満載のV800でした。購入したその日に自宅の部屋に10時間くらいこもって、3分くらいのクレイアニメを作成したものです。

余談ですが、名古屋では有名なリサイクルショップ「コメ兵」で8万円くらいで購入しました(コメ兵は、昨今東京にも進出し、オフィスのある渋谷区にも2件も!存在します)

「コマ撮り」、もしくは「ストップモーション」と呼ばれるこの手法は、動画の原点ともいえるもので、動画の仕組みを理解するのに大変勉強になります。
NHK教育のクレイアニメ「ニャッキ」(伊藤 有壱さん)とかがこの部類です。

昨今では、技術の進歩によりデジカメとPCの同期機能や、編集ソフトにより、以前にくらべると撮影から編集へむかう作業は大変楽になりました。

しかしながら、1コマ、1コマ、手作業で撮影対象を動かすことは、今も変わらずで、膨大な時間を費やすことになります。

ですので、コマ撮りアニメに取り組む心構えとして、この手間を楽しめるかどうか?がひとつのキーになります。

フィルムの場合、24フレームで1秒を構成しています。NTSC規格の動画でしたら30フレームで1秒となり、これをそのままコマ撮りに置き換えると、24回ないし30回撮って1秒が完成しますを

1回につき3フレーム分とか、8フレームとか記録する場合もありますが、その分カクカクした動きになります。
それはそれで、コマ撮りならではの「味」ともなります。
鈴木が所有していたV800もたしか8フレームとか?の仕様でした。

思わず長くなりましたが、本日は壁面を使ったコマ撮りアニメの紹介です。

昨今は何でもCGで作成できちゃう時代ですが、アナログなコマ撮りという表現手法は、独自の地位を確立したのではと考えています。

今回紹介する動画では、豪快に壁面や地面を使用しています。規模からすると大変な時間がかかっているかと。
思わず展開に見入ってしまいますが、絵を描いては消した痕跡や、影の方向が変化するスピードで、その労力が伺えます。
内容は、往年のイギリスのコメディ「モンティ・パイソン」のオープニングを彷彿とさせる、シュールな表現が成されています。

野澤監督作品特集・講義のお知らせ

こんばんは!スタッフの藤岡です。

今日は夏が戻ったように暑かったですね。私は渋谷のオフィスより動画制作に勤しんでおりました。

本日、打ち合わせで来社した『61ha絆』の野澤和之監督よりこんなチラシを頂きました。

野澤イベント

来月に神奈川県立図書館にて野澤監督の作品上映と講義があるそうです!貴重な上映と講座、是非いかがですか?

以下、野澤監督よりメッセージ頂きました!

「神奈川県立図書館で行われる図書館カレッジのポスター・ちらしが届いた。 できがいい。年がいもなくプレッシャーを感じる。定員は40名だという。 どんな方が参加してくれるのか楽しみでもある。テーマは決まっているのだが どんな事を話そうか。今回はノートに書いて準備するつもりだ。 何しろ忙しい11月中で、週末にお金を払って来ていただけるのだ。 できるだけ、ここだけの楽しい話をしようと思う。 興味のあるかたは、神奈川県立図書館カレッジに連絡してみてください。 県立図書館のHPからEmailでも申し込みできるそうだ。 野澤和之」

詳細はこちらから↓

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/college2014.htm

【予告編動画はコチラ】

マリアのへそ

61ha 絆

 

 

 

blog002

腕から飛翔するカメラ

鈴木康元です。
かなりそそられる撮影ガジェットを発見しました。

最近、リモートのクアッドヘリによる撮影は、ドラマやCMでもよく見かけるようになりましたが、このクアッドヘリは、腕時計型から展開してヘリになるというもの。

つまり「ウエラブルカメラ」→「クアッドヘリ」。

なんと斬新なアイデア・・・。

動画内の腕から飛び立つカットもなかなかカッコイイです。
ガッチャマン1号のブーメラン状の武器を思い起こしてしまいました。

その名は「Nixie」。

まだコンセプトモデルだそうですが、世にでることを期待します。
空中にいっぱい飛んでると事故りそうですが・・。

動画

「Nixie」公式ページ
http://www.flynixie.com/

blog002

続粘菌ネタ?村田製作所の新型ロボット

鈴木康元です。
本日渋谷は雨が降ったり止んだりです。
奥原宿にある弊社オフィスの日本庭園は、こんな日こそ趣きがあったりします。

そんな本日は、ロボットネタ。以前このブログでも紹介しました粘菌的なロボットですが、この類のロボットが村田製作所からも発表されました。
粘菌というほどの数で構成されているワケではありませんが・・・。
ちなみに先週、弊社のFacebookに、弊社中原がこのネタの新聞記事を切り抜いている様子をUPしています。

新型ロボットは「村田製作所チアリーディング部」。

これまで村田製作所から発表された「ムラタセイサクくん」等で活用されている、お得意のジャイロ機能が搭載され、今度は玉乗りの形態で自立します。
位置情報はステージ脇の発信機から超音波、赤外線が送られ、各個体の頭で受信して距離情報を計算しているとのこと。

バランスをとりながら集団行動を行う姿は、自分の娘のお遊戯を見ているかのような感情を呼び起こし、なかなか微笑ましいものがあります。

動画はこちら

説明のWEBページも、なかなかわかりやすく、面白く構成されています。
http://www.murata.co.jp/cheerleaders/

来週10月7日(火)から幕張メッセで開催されるシーテックで一般披露されるそうです。
以前行ったときは、村田製作所のブースではムラタセイコちゃんらのショーが行われていました。確かキャストの博士と絡んだ内容であったような・・。
鈴木はここ2年ほどシーテックに行けてませんが、今年は果たして行けるでしょうか・・?なスケジュールです。

映画の日

はじめまして。スタッフの藤岡晋介です。

先月より働き始めた新人でございます!

ブログを読んで下さっている皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

先月は一番の新人として働いていたのですが、昨日我が社に新しいスタッフが加わりました。

ジョさんという韓国出身の女性スタッフです。日本語がとても堪能で優秀な方です。

「インタナシヨナル映画株式会社」の名にふさわしい国際色豊かな会社になりました!

 

そのジョさんと今日、「月始めなので、映画の日ですね」という話題になりました。

ご存知だとは思いますが、映画の日とは、どの映画館でも誰でも安く映画が見れるサービスデーです。

以前は「映画の日=1000円」でしたが、増税後1100円に値上げした劇場もあります。

これは映画館に人を呼び込むサービスで、1980年代からスタートしたそうです。

 

一方、ジョさんの母国・韓国では劇場に人を呼び込むための「スクリーンクオータ」というものがあるそうです。

「スクリーンクオータ」とは、自国で製作された作品を、上映時間などの最低基準を設けて国内の映画館に義務づける制度です。

この制度によって、劇場で上映される作品がアメリカなどの国外のものに占有されることなく、自国映画の文化や興行が守られるといったものです。

なので韓国では自国映画が非常に人気があり、1000万人以上を動員する作品も少なくありません。

映画館に人を呼び込む戦略が成功している素晴らしい事例だと思います!

 

この記事を書いていたら、無性に映画が見たくなりました。

さて、今日、何を見に行こうかな!?

 

 

 

 

 

blog002

ナショナルジオグラフィックのAR

鈴木康元です。

もうひとつデジタルサイネージ×AR技術の動画です。
ナショナルジオグラフィック「らしい」モチーフで再現されています。

日本では2012年に湘南の商業施設で設置イベントが行われましたが、鈴木はあいにく観に行けませんでした。