千原ジュニアの激論!Abemaコロシアム

代表の中原です

企業様の動画を制作しているSpotlight movie ですが

運営母体のインタナシヨナル映画では様々な映像制作を行っています。

その一つがこちら!

今週の日曜日に放送されるAmeba TVのスペシャル特番

「千原ジュニアの激論!Abemaコロシアム」です!

https://abema.tv/channels/abema-news/slots/PBixfzCq6No

 

サイバーエイジェントさんとテレビ朝日さんが

共同出資して今年4月に始まったインターネット放送Abema TVですが

こちらにプロデューサー1名、制作スタッフ1名が参加しております。

いろんな方からTVを見なくなったという声をよく聞きますが

結局YouTubeでアップされているTVのコンテンツは見ている方も多いですよね。

(その多くは違法アップロードですが…)

この特番は「不倫」や「お金」という下世話だけど、やっぱり見たいテーマを

鋭くえぐる番組になりそうです。

何だかんだ言っても市井の人々の欲望を満たしてくれるコンテンツは

TVマンが作ると抜群に面白い!というのは今も変わらないんじゃないでしょうか?

 

img_ameba201510_01

 

私たちインタナシヨナル映画は渋谷区神宮前にあるため

毎朝通勤の時に原宿駅前のAbema TVのスタジオの前を通っています。

インターネットがこれだけ普及した時代に

次に考えるべきは「ネット」と「リアル」をどう結んでいくかということですよね。

インターネット放送でありながら、

原宿に「リアル」を感じられるスタジオを作るAmeba TVには

新しいネットメディアの可能性を感じてしまいます。

 

ちなみに「千原ジュニアの激論!Abemaコロシアム」の収録は

この原宿スタジオではないそうなので、

ここに来ても千原ジュニアさんには会えません!

念のため。

 

三連休の中日、17日(日)20:00から生放送ですが

ネット放送なので、お出かけ先でサクッとスマホで観ることもできます。

普段テレビなんか見ないよって方も

新しいメディアの形を確認する意味でも

ぜひ、視聴してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

ストック映像のご紹介

以前も弊社のアーカイブ映像

(最近はストック映像【stock movie】なんて言い方もしますね)

のご紹介をさせ地ただきました。

今回は実際にアーカイブ映像を使って、例えば

「〇〇周年記念 アニバーサリー映像」を作るとどうなるのか

実際の作品でご紹介します。

 

【教職員共済様 50ht Anniversary】

 

映像の前半部分で50年の歩みが紹介されていますが

1964年  東海道新幹線 開通

1968年  川端康成 ノーベル文学賞受賞

1970年  大阪万博

1972年  沖縄返還

と4つの映像が使われています。

 

教職員共済様の歩みだけではなく

日本社会の歩みを同時にお見せしていくことで

格調高いクロニクル(年代記)になっているのでは?

と思います。

 

こういった映像、放送局のものを使用すると

当然ながら非常に高額です。

私たちの考えとしては

いろんな場所で貴重なアーカイブ映像を使っていただきたいと思っており

リーズナブルにご提供させていただきます。

また映像・動画制作も併せてご発注いただければ

オプションとしてさらに安価にご提供できますので

ぜひともご相談ください。

また、「こんな映像ってありますか?」という

お問い合わせも歓迎しております。

渋谷区の映像制作会社・インタナシヨナル映画は

今年で創立64年。かなりの確率でご要望には

お答えできると思います。

 

中原

 

 

 

クラウドファンディング(続報)

代表の中原です

先日ご紹介した「ナミイタ・ラボ」のクラウドファンディング

ですが、無事に成立したようです!

確か残り一週間で40%ぐらいしかファンドされてなかったはずなのに

驚異的な追い上げで見事成立に至ったようです。

日本最大のクラウドファンディングサービス「READY FOR」を

使用しての挑戦だったようです

https://readyfor.jp/projects/namiita/announcements/40324

 

しつこいですが、こちらの映像を見ると

「ナミイタ・ラボ」が何なのか?よくわかります。

 

この機会に私もREADY FORでいろんな

クラウドファンディングを見てみたのですが

本当にいろんなプロジェクトが行われているのに

驚きました。

途上国支援、マイノリティーの方々の問題を解決などに

関するプロジェクトが多く、やはり「共感」を生むプロジェクトが

資金調達に成功しているようですね。

 

私たちも一度、クラウドファンディングを使ってみようと思っています。

ハンセン病療養者の夫婦を描いた「61ha」(61ヘクタール)という

ドキュメンタリー映画を以前製作したのですが、

監督の野澤和之さんの次回作も弊社で製作を進めています。

【61ha予告編】

 

ハンセン病についての映画というと

河瀬直美監督の「あん」が注目を集めました。

 

私たちとしては野澤監督の作品も広く見てもらいたいと思っています。

作品の完成までは何とか自分たちの資金で頑張り

宣伝・上映の費用をクラウドファンディングで調達する計画を立てています。

ハンセン病は旧約聖書にも記述が見られるように

文献で確認できる世界最古の差別ではないかと言われております。

近いうちに新作のドキュメンタリー告知も行いたいと思います。

 

話がそれましたが、

ドキュメンタリー制作を得意とするインタナシヨナル映画。

渋谷区の映像制作です。

ドキュメンタリースタイルで動画制作を検討されている方、

ぜひ一度ご相談ください。

 

中原

 

 

 

プロデューサー急募!

弊社では現在、映像制作プロデューサーを募集しております。経験者優遇、未経験者応相談。まずはお問い合わせください。その他のスタッフも随時募集中。詳細は以下をご覧下さい。

プロデューサー
雇用形態/契約社員
業務内容/企業PR、官公庁、ドキュメンタリー映像の企画・営業・制作
給与/プロデューサー・25万円〜(経験により優遇)
待遇/社会保険・交通費支給
勤務時間/月〜金 10:00〜19:00 残業あり
休日・休暇/土曜・日曜・祝日
最寄り駅/JR山手線原宿駅徒歩8分
応募資格/経験者優遇(未経験者応相談)
応募方法/履歴書をメールでお送りください
お問い合わせ/電話03-6432-9555 メールinfoアットimpc.jp(アットを@に直してお問い合わせください)

構成作家
雇用形態/業務委託
給与/応相談
待遇/交通費支給
業務内容/企業PR、官公庁、ドキュメンタリー映像の企画構成
応募資格/映像・出版の企画構成の経験のある方
応募方法/メールで履歴書をお送りいただいた後、作品をお送りください
お問い合わせ/電話03-6432-9555 メールinfoアットimpc.jp(アットを@に直してお問い合わせください)

ディレクター
雇用形態/業務委託
給与/応相談
待遇/交通費支給
業務内容/企業PR、官公庁、ドキュメンタリー映像の制作
応募資格/映像制作の実績のある方
応募方法/メールで履歴書をお送りいただいた後、作品をお送りください
お問い合わせ/電話03-6432-9555 メールinfoアットimpc.jp(アットを@に直してお問い合わせください)

カメラマン
雇用形態/業務委託
給与/応相談
待遇/交通費支給
業務内容/企業PR、官公庁、ドキュメンタリー映像作品の撮影
応募資格/撮影業務の実績のある方
応募方法/メールで履歴書をお送りいただいた後、作品をお送りください
お問い合わせ/電話03-6432-9555 メールinfoアットimpc.jp(アットを@に直してお問い合わせください)

エディター
雇用形態/業務委託
給与/応相談
待遇/交通費支給
業務内容/企業PR、官公庁、ドキュメンタリー映像作品の編集
応募資格/映像編集の実績のある方、映像編集環境をお持ちの方
応募方法/メールで履歴書をお送りいただいた後、作品をお送りください
お問い合わせ/電話03-6432-9555 メールinfoアットimpc.jp(アットを@に直してお問い合わせください)

番組告知

明けましておめでとうございます。

代表の中原です。

 

本来は年末に告知すべきなのですが

「Spotlights-movie」を運営する、我々「インタナシヨナル映画」の創業者

陸奥陽之助がBS JAPANの番組で取り上げられました。

http://www.bs-j.co.jp/official/symphonyjapan/

 

きっと!再放送もあると思うので、また告知させていただきます。

 

インタナシヨナル映画では、創業者•陸奥陽之助を紹介する

サイトを公開しております。こちらもぜひ!ご覧下さい。

http://impc-younosuke.jp

 

 

 

slik_carbonpod_fl_20111021

一脚のススメ

ビデオ撮影の際、カメラを安定させる事はとても大切です。
ガクガク動く映像では、見る側も内容に集中できません。

カメラを安定させるツールとして最もポピュラーなのが三脚でしょう。
しかし良い三脚は動きも非常に滑らかですが値段もまた良し。加えてサイズも重量もそこそこあり、運用面で決して手軽な機材とは言いえません。

そこでおススメなのが一脚です。

言ってみれば伸び縮みする棒。伸ばした先端を接地させ、左手で一脚を握り、右手でカメラを操作するのが一般的な使い方。これで手持ちとは比べものにならない程安定します。一脚なので場所をとらず、人混みでも使えます。

しかし、いったん伸ばしたしまうといざ移動の際に一脚の先端が地面に支えてしまうし、かと言ってその都度伸ばしたり縮めたりするというのも面倒です。

そこで一工夫。一脚を短くしてその先端をズボンとベルトの間に引っ掛けてみます。
思いのほか安定しますし、いちいち伸ばしたり縮めたりしないで移動もできます。歩き方にコツがいりますが移動撮影なんかもできちゃいます。

「ズボンとベルトの間に引っ掛けるのはちょっと強引じゃないか」という方には、ベルトに取り付けたり、首や方からぶら下げる一脚サポート用のホルダーも市販されています。

以上のような使い方をする際には、必ず雲台付きの一脚か、雲台アダプターを付けた一脚をお使いください。これであなたも自由自在に安定感のある素敵な映像が撮れることでしょう。

もっと素敵な映像にしたい場合は、弊社までお問い合わせを。

以上、渋谷区神宮前のインタナシヨナル映画(株)技術室より髙橋がお伝え致しました。

はやぶさ2打ち上げ

代表の中原です。

一昨日ですが、はやぶさ2打ち上げ成功のニュースが
話題になっています。
日本の技術で世界に誇れるものは数多くありますが
宇宙探査の技術は間違いなくその中の1つですね。

弊社のアーカイブで
昔の宇宙飛行士訓練の映像を発見しました。(1961年)

かつて取材で、宇宙飛行士の山崎直子さんに
お会いしましたが
やはりすごく「輝いている」方でした。

はやぶさ2がミッションを終えるのは
今から6年後。
2020年、東京五輪の年です。
その頃の日本がどのようになっているのか、
帰還したはやぶさ2が見る東京の街がどのように
様変わりしているのか、楽しみです。

Web動画の未来

動画広告が「元年!」ともてはやされた2014年も

残すところあと1ヶ月あまりとなりました。

代表の中原です。

 

Youtubeを見ていたらこんな座談会映像に遭遇

 

…確かに年々、「広告」というものに心打たれなくなっている

方も多いのではないでしょうか。

クライアントの言いたいこと、伝えたいことを映像化しつつ

「あざとくないもの」「リアリティのあるもの」が

単純に見ていて楽しかったり、心動かされたりしますね。

この座談会でも話題になっているように

今私たちを取り囲むメディアは「リアリティ」があるものばかりなので

いわいる一昔前の「ハイクオリティ」は通用しなくなっていると思います。

動画広告自体がドキュメンタリー化していっていると言うか…

 

Spotlight movieでも、こういった時代の変化には敏感でいたいですし、

その上で「胸にささる」映像制作をご提供したいきたいです。

 

 

 

日本酒っておいしいよね

代表の中原です。

先週、出張で佐賀県に行っておりましたが、

取材先で純米大吟醸の「鍋島」をいただきました!

いやーとにかくうまかった!

全然二日酔いにもなりませんし。

 

今年はおいしい日本酒を各地でいただいております。

6月には今話題の旭酒造さん「獺祭」!このお酒も実においしかった!

そういえば取材のとき、桜井社長にもお会いしましたが

(フグをごちそうになりました…)

桜井社長、日経ビジネスで日本イノベーター賞をとられたようです。

http://corporate.nikkeibp.co.jp/info/newsrelease/newsrelease20141023.shtml

 

そういえば、Facebookでこんな動画も見つけました。

 

※弊社が制作したものではありません、念のため

 

 

日本には優れた酒蔵さんがたくさんあります。

そういった方々にもぜひ「Spotlight-movie」を使っていただきたいです。

特に海外への進出を考えている酒蔵さんには

弊社が海外広報映像で培ったノウハウで映像をご提供したい!

そんな思いがつのる今日この頃です。

監督作ミュージックビデオ

ご無沙汰しております。藤岡です。

本日は私の監督したミュージックビデオの宣伝をさせて頂きます。

 

【MV】ひらく

楽曲:folklore kitchen(フォークロア・キッチン)

出演:ジョージ・コール、水野しず、長橋有沙、folklore kitchen

監督:藤岡晋介 撮影:田辺清人

スチール:桝田展代 制作・通訳:常田玲央

ヘアメイク:溝口裕子、寺沢ルミ

 

この作品は私が弊社に所属する前に監督したものです。

はじめてのMVでしたが、ショートフィルム風に撮らせて頂きました。

 

映像としてこだわったのは「光」です。

自然光や室内の照明などの「光」を物語の登場人物であるかのように撮ることがテーマでした。

曇りであった日は、撮影日を改めるなど、かなりワガママを聞いてもらいました。

ワガママにつきあってくれたキャスト・スタッフには本当に感謝しています。

 

そのおかげで、やわらかくてやさしい光で楽曲を包めたと、私は思っています。

 

folklore kitchenは他にも素晴らしい曲がありますし、

出演者のジョージ・コールや水野しずも普段それぞれに活躍しております。

またどこかで見かけたら、目にとめて頂けると幸いです。

 

今後、弊社でもミュージックビデオをたくさん制作したいと考えております。

かっこいいものから、おしゃれものまで、なんでも!

レコード会社やミュージシャンの皆様、ぜひともお待ちしております!

 

藤岡晋介