高畑裕太 強姦事件について思うこと

私たちは映像制作に携わる仕事である。そして渋谷という日々色々なできことが起こる場所にいる。でも、今回の強姦は許せないと思う。暴力で弱いものを制圧し、女性の大切なものを奪い取る。その奪われるものが女性にとっては命と同等の価値のある人もいる。今日の朝モーニングショーを見ていたら、メインキャスターがこの事件をこんな風に語っていた。「これだけの仕事を抱えていると、行動も自覚を持つことになるし、何かをした場合、自分一人の人生が狂うのではなく、これだけの人に迷惑がかかるというのは、もう20歳も過ぎてますし…」とコメント、自身も“迷惑”を被る一人でもあることから、険しい意見を述べたということだ。でもよく考えてみるべきであるこの強姦された女性のことを。また続々と母親を激励するメッセージが芸能界からネットで溢れている。私も映像に関わるものとして暴力を描くこともあるかもしれないが、暴力は被害者の気持ちになるということを肝に命じている。24時間テレビ「愛は地球を救う」で高畑はパーソナリティに選ばれていたそうである。降板は当然で、作り直しも当然。でもまずは「降板や差し替え」「周りの迷惑も考えろ」という前に、この卑劣な行為を徹底して批判すべきで、被害者へのいたわりのメッセージをすべきだと思う。それなして「愛は地球を救う」というメッセージは届かない。高畑裕太の強姦も憤るが、先のキャスターの「周りの迷惑を考えろ」は、もっと憤る。そして母親頑張れとメッセージされた方々も自分の母親、妹、娘が強姦にあったらと考えて発言すべきだ。そして横山ヤスシさんの息子が暴力を起こし、ヤスシさんが自らを処した時、「そこまですることはない、あなたに責任はない、頑張れ」とメッセージすべきだったのではないか。みのもんたさんの息子の窃盗の時も自らを処した。その時に「みのさん頑張れ」とエールを送ったのだろうか。もし今回強姦を受けた方が思いつめ、悩みの淵から出られなかったら、そんな風に考えてみるべきだと思う。

私は一映像関係者として、番組構成の被害ではなく、被害に遭われた方の心中を察し、お見舞いを申し上げたいと思う。

記hirashita

縦型動画

代表の中原です

映像業界に長くいる私にとって映像は常に「横長」でしたが

最近は事情が変わってきているようです。

 

こちらはアイドル・グループ lyrical schoolのPV

「Run and Run」

 

完全にスマホ内で完結する世界観で作られています!

面白いですね

ラップトップ型のPCよりも先にスマホの使い方を

覚える若い世代の映像リアリティはやはり縦型なのですね。

 

一方、こちらは元LINE社長・森元亮氏が立ち上げた「C channel」

こちらも完全に縦型。

https://www.cchan.tv

 

女子向け動画ファッションマガジンということで

オジさんにはあまり関係のないメディアですが

恐る恐る見てみると、確かにスマホで見ると見やすいです。

7月の報道によるとインドネシアなど東南アジア3国に進出、

ということです。

 

そう、アジア圏でラップトップ型PCの所有率が

スマホの所有率を上回っているのは日本だけなんです。

↓参考資料

http://cmmninc.com/mobile-commerce-smartphone-sea/

 

弊社は渋谷区神宮前にあり、最寄りは原宿駅ですが

海外からの観光客の方は

スマホさえ持っていれば、日本語なんて話せなくても

全然困っていない様子です。

 

企業PR映像も海外進出向けは縦型!

なんて時代はもうすぐそこまで来ているかも

しれません。

 

 

 

 

 

 

 

明日は8月6日

代表の中原です。

 

明日は8月6日です。

 

今年5月、バラク・オバマ大統領が米大統領として

初めて広島を訪問しました。

Why do we come this place, to Hiroshima.

 

なぜだったのでしょう。

考えるきっかけとしてこちらの動画を見ていただけると

幸いです。

 

 

 

以下は、製作したディレクターからのコメントです

 

はじめまして、私はインタナシヨナル映画所属のディレクター・藤岡晋介と申します。この度、弊社製作のオリジナル短編映像作品『May 27, 2016 in Hiroshima』を、YouTubeにて公開する運びとなりました。監督をつとめた私から少しばかり本作品の解説をさせて頂きたいと思います。

【8.6から5.27へ】
本年2016年の5月27日、バラク・オバマ氏が現役のアメリカ大統領として、初の被爆地・広島市の訪問を果たしました。訪問への賛否は別として、ヒロシマとナガサキ、そして世界にとって忘れられない日になりました。
私の生まれは広島市です。両親祖父母ともにずっと広島の人間。うち母方の祖母が原爆投下によって被爆しました。
オバマ大統領の訪問が決定した瞬間から、これは生で現場に立ち会わねばならないと決意し、地元に帰りました。

公開した本作は、当日の広島市で私が撮影した映像が多く使われています。
個人的な原風景や、大勢の観衆とともに見つめた訪問の瞬間など、あの日の空気感がそこに刻まれています。
その映像に、オバマ大統領の演説のあるフレーズ、そして被爆した祖母と私のダイアローグが絡み合います。祖母に被爆体験を聞いたのは初めてでした。祖母はこれまで誰にもその体験を語ってこなかったそうです。
この作品の主旨は、「私」の視点から5.27と8.6を描くことでした。

あと2日で、人類初の原爆投下から71年が経過します。
あのできごとを風化させないために、オバマ大統領訪問の意義をもう一度考えるために、本作がそのきっかけになれば幸いです。

 

ポケモンGOとVR360度映像

ポケモンGOが日本でスタートして1週間あまり。私は、渋谷原宿で映像の仕事を日々しているが、集団でスマホに夢中で歩き回る姿は見かけない気がする。少なくとも日本上陸前に、テレビで取り上げられた米国ニューヨークのセントラルパークのように、取り憑かれたような人々は見かけない。しかし、実際に多くの人がアプリをダウンロードしたのも事実だと思う。

映像は撮る人が任意に選んだ情景を写し取るものであり、そこには大なり小なり意図が介在する。最近一般的になってきたVR360度映像は、左右・上下360度、見る側の興味で映像を選択できる。つまり通常の映像ではポケモンGOに熱中している人たちを撮影しブームを強調するのだが、VR360度映像は、その熱中の光景も写しながら背後には、今までと同じように通行する人、話に夢中になる人、アイスクリームを食べる人などが同時に映し出されることになる。先日あった東京都知事選も360度見られれば、候補者の周りの情景と観客の表情も読み取ることができ、選挙演説の雰囲気と熱さえも伝わるかもしれない。

VR360度映像はエンタティメントの側面で注目を集めているが、ニュース映像は上記のようにカメラマンの意図のみではなく、個々人の全体把握と判断が可能な映像になるのではないかと考えられる。VR360度映像はまだ途についたついたばかりの映像手法である。今後、エンタティメントはもちろん、ニュース・スポーツなどいろいろなコンテンツとして発展するのではないだろうかと思う。

 

記 hirashita

 

バズ動画とは?

代表の中原です。

「バズ動画」という言葉を最近よく耳にしませんか?

私どもにも「バズ動画」を作って欲しいという

依頼をいただくことが多くなりました。

バズ=BUZZとは英語スラングの「噂(buzz)」が語源になっている

ようで、定義するとすれば口コミで爆発的な視聴数をたたき出す動画、

ということでしょうか。

こちらのサイトにとてもわかりやすい記事が載っております

http://www.movie-times.tv/feature/8206/?_bdld=xTk06.lo+YL8F

 

バズ動画って、単純にリーチを増やすということとは異なります。

「自発的」な視聴を促す点が、TVCMやYoutubeのtureview広告とは

本質的に異なる点です。まあ、もちろん着火剤として

CMやtureviewでリーチを稼がないと、そもそも難しいという

問題が現実的にはありますが。

 

私の見るところによるとバズ動画で成功しているのは

自社の製品やミッションに対して「批評性」を持っている企業な

ようです。

つまり、製品やミッションをギャグのネタにしたり、

笑い飛ばしたり、冷ややかな視線で見てみたり

思い切ったことをやらないと難しいようです。

 

「この商品がいいですよ」というだけでは

CMで流れていれば見てしまいますが

自分からわざわざみようとは思いませんよね。

 

さて、バズ動画の何たるかが

凝縮している今、話題の動画がこちら

日清「チキンラーメン」のweb動画です

 

目まぐるしく展開していくけれども

最後のメッセージは秀逸。

やはりここにも自社製品についての「批評性」があると

思います。

 

 

 

 

Abeam TV

代表の中原です。

今年4月にサイバーエージェントとテレビ朝日が始めた

Abeam TVですが視聴するためのアプリのダウンロードが

600万を超えたそうです。

Unknown-1 Unknown

弊社に出入りしている人間はTV業界の人間も多く

スタート当初は半信半疑であった人が大変でした。

ただ「600万」という数字はかなりインパクトがあり

注目が集まっています。

実際、視聴している方は30〜40代の男性が多いらしく

私の周りでも視聴している方が増えており

スポーツ、格闘技などが充実している点、

サーフィン等、既存のメディアでは観られなかった

ものが視聴できる点が人気の理由でしょうか?

 

私たちも渋谷区神宮前に会社があるので

突如現れた原宿スタジオ、そしてAbema TVにはスタート当初から

注目しており、

最近放映された「千原ジュニアの激論!Abemaスタジアム」には

制作に関わらせていただきました。

 

サイバーエージェント藤田社長も「命がけで」この

事業に取り組むと、とても力強いコメントをしています。

歴史を振り返った時に、テレビの視聴習慣が

決定的に変わったのは「あの時」だったね、の

「あの時」がまさに今なのかも知れませんね。

 

 

 

「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」

ジャパニーズポップカルチャーを世界に向けて発信する“もしもしにっぽんプロジェクト”の、ジャパニーズポップカルチャーの祭典「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」が11月24日(木)~27日(日)を東京体育館で開催されます。

私たちも渋谷神宮前に拠点を置き映像制作をする会社で、海外向け映像を得意としていますので、この原宿から世界へというムーブメントは大変に気になるところです。

「もしもしにっぽん」をこ存じない方も多いと思います。彼らは「日本の新しい魅力を世界へ。」をテーマに掲げ、「カワイイカルチャー」を世界へ発信しているアソビシステムを主軸に、日本を代表する各企業と手を組み、オリジナルのオールジャパンを形成し、国内外に数多く存在する「ニッポンファン」の開拓、獲得を目的に、日本のポップカルチャー(ファッション・音楽・フード・アニメなど)を世界に向けて発信していくプロジェクトです。ちなみにアソビシステムはキャリーパミュパミュの所属する会社です。オフィシャルウェブサイト http://moshimoshi-nippon.jp/

このようなカワイイカルチャーが日本観光の目的の一つになることを5年前は誰も想像できなかったと思います。そして2020年世界から東京を訪れる多くの人は、今以上にカワイイという日本語を理解できているかもしれません。東京渋谷原宿で吹いた風はいまはWEBに乗って世界に拡散するようになりまったのです。2106年11月24日からの「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」を子供たちのフェスだと決めつけず、世界から、世界へ、というビジネスビジョンをお持ちの方は参加されてはいかがでしょうか。

hirashitamain

製造業様の描き方

代表の中原です。

今年、滋賀県の「住谷製作所」様の映像を制作しました。

 

通常、製造業様の映像となると

製品の紹介がメインになるかと思うのですが、

住谷製作所様の要望は「人」を魅せる映像にしたいとのことでした。

製品のスペックは文字媒体でも伝えることができますが

「人」の魅力は動画の方がより伝わります。

そういうわけで、皆さんが一生懸命、働いているところを

ひたすら撮影させていただきました。

 

事前に社長様から参考にしてほしいと言われたのが

ANAさんの機内映像

 

こちらも「人」をメインに描く映像となっていますね。

 

一言で動画と言っても

クライアント様の描きたい対象によって

内容はガラリと変わってしまいます。

あくまでもお客様目線で、が大事なのだと

考えさせられたお仕事でした。

 

渋谷区神宮前 インタナシヨナル映画では

これからも、お客様目線を大切にしていきます。

 

 

 

ポケモンGO

代表の中原です

街でポケモンGOでスマホ片手に歩く人々と

頻繁にすれ違う週末を過ごしております。

 

メディアでは「危ない」などネガティブな記事が目立ちますが

そもそもゲームユーザーに外出をうながすコンセプトは

なんだかんだ言ってもやはり秀逸です。

こちらは開発者からのメッセージ動画。

 

世代的には「ポケモンGO」よりは

「書を捨て町に出よう」(寺山修司)の世代ですが

いつの世も

驚きや発見は外の世界にしかないんだよ、という真理に

つくづく思い至った次第です。

 

「セミセルフレジ」をご存知ですか?

代表の中原です。

企業様のPRにもいろんな手法があります。

そこで、私たちが少しお手伝いさせていただいた映像のご紹介です。

 

最近、スーパーで「セミセルフレジ」というものを

見かけることがありませんか?

その「セミセルフレジ」の導入実績No.1を誇る寺岡精工様が

制作した映像がこちら。

そもそも「セミセルフレジって何?」という方も

ぜひご覧ください。

 

 

製品紹介の動画では製品の「スペック」を伝えることはもちろん大事なのですが、それ以上に説得力を持つのがエンドユーザー様の声です。やはり使っていただいた実感をお伝えできるのは動画の特性だと思います。

 

 

今回の動画で紹介しているのは仙台の事例。

実際に製品を導入されている「仙台国際空港様」にお邪魔して

寺岡精工様が取材を行い、一本の動画に仕上げ他ものです。

動画を見ていただくとよくわかりますが、今回紹介したのは対面型セミセルフレジ「スマイルセルフ」という製品。

皆さんも出張中、「空港での買い物って慌ただしいなぁ」という記憶はありませんか?空港に入っている店舗ならではのお悩みを、どう解決していったのか?

そこがこの動画の見所です。

 

 

こういった映像は、自社の製品を導入している「お客様」に取材を行うわけですから、段取り等でご迷惑にならないように進めていくのが大変なようです。

逆に、お客様との信頼関係があるからこそ、制作できる動画なのでしょう。

 

エンドユーザー様の「実感」を伝えることで自社の「価値」を描いていく。

そんな動画のご紹介でした。