「セミセルフレジ」をご存知ですか?

代表の中原です。

企業様のPRにもいろんな手法があります。

そこで、私たちが少しお手伝いさせていただいた映像のご紹介です。

 

最近、スーパーで「セミセルフレジ」というものを

見かけることがありませんか?

その「セミセルフレジ」の導入実績No.1を誇る寺岡精工様が

制作した映像がこちら。

そもそも「セミセルフレジって何?」という方も

ぜひご覧ください。

 

 

製品紹介の動画では製品の「スペック」を伝えることはもちろん大事なのですが、それ以上に説得力を持つのがエンドユーザー様の声です。やはり使っていただいた実感をお伝えできるのは動画の特性だと思います。

 

 

今回の動画で紹介しているのは仙台の事例。

実際に製品を導入されている「仙台国際空港様」にお邪魔して

寺岡精工様が取材を行い、一本の動画に仕上げ他ものです。

動画を見ていただくとよくわかりますが、今回紹介したのは対面型セミセルフレジ「スマイルセルフ」という製品。

皆さんも出張中、「空港での買い物って慌ただしいなぁ」という記憶はありませんか?空港に入っている店舗ならではのお悩みを、どう解決していったのか?

そこがこの動画の見所です。

 

 

こういった映像は、自社の製品を導入している「お客様」に取材を行うわけですから、段取り等でご迷惑にならないように進めていくのが大変なようです。

逆に、お客様との信頼関係があるからこそ、制作できる動画なのでしょう。

 

エンドユーザー様の「実感」を伝えることで自社の「価値」を描いていく。

そんな動画のご紹介でした。

VR バーチャルリアリティの時代

代表の中原です。

ちょっと前からVR(バーチャルリアリティ)だAR(拡張現実)だと

いう言葉をよく聞くようになりました。

最近のトピックとしては日本でも今日配信開始か?と言われている

「ポケモンGO」がありますよね。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6208222

ピカチュウのフラッシュが原因でテレビの前の子供たちが

気絶し問題となったのは20年ほど前。隔世の感があります。

 

さて、VRやARに注目しているのはゲームなどのエンタメ業界だけでは

ありません。

 

全日空さんは早速、360度映像を使った機内紹介映像を制作されている

ようです。

※PCブラウザで見ていてもVR映像にはなりません。

スマホのYouTubeアプリでご覧ください。

 

 

あとこちらはECサイトで活用されているVR

かつては不動産サイトで賃貸マンションの中を

見れたりと言うサービスがありましたが

クオリティが段違いに進歩しています!

 

 

私たちも360℃カメラを作っている大手企業と

コラボで映像制作をするパッケージを作っています。

詳しくは近日中にお知らせいたします。

 

はとバスに乗ってきました。

「はとバス」の、いわゆるバス・コンバーチブルに撮影で乗ってきました。天気は上々、バスはまず皇居前の道を走行、青空が黄色い額縁に入ったようで、爽快感で満たされます。道路標識と信号が頭上をスレスレにこえてゆきます。高速に入ると冷たい風が髪を吹かせます。ホテルカリフォルニアの詩にこんな一行があったような気がしす。

黄色い額縁(はとバスのバスは黄色)に、青いキャンバスという感じは、まるでNational Geographic誌の表紙のようでした。その青のキャンバスに、東京タワー、六本木ヒルズ、霞ヶ関ビルディング、レィンボーブリッジなど次々に現れます。

東京には長く住んでいますが、初めての街を訪ねたような新鮮なときめきを感じます。「はとバス」と言えば、全国から来る旅行者のバスと思い込んでいましたが、見慣れた東京も、新たな視点で見るととても新鮮で感動をしました。とりあえず妹に薦めてみました。21日に乗車するそうです。

地域活性化、地域創生、人口の流出と高齢化で頭を抱えている地域も多いと聞きます。都心からプロのプランナー、企画会社を呼んで地域を他の視点で見てもらうことは、解決策として有効だとは思いますが、見慣れた景色を自分たちで他の方法で見てみることも重要だと感じました。

記 hirashita

昭和27年、陽之助、インターナシヨナル映画株式創設

陽之助公式サイト

近影_撮影日不明_05

弊社創業者、陸奥イアン陽之助の公式サイトを公開しました。

http://impc-younosuke.jp

弊社ホームページのトップ右側にもバナーを貼っております。

http://www.impc.jp

今回は陸奥夫人の御好意により、陸奥家秘蔵の陽之助プライベート写真を多数アップいたしました。
また弊社元専務取締役山路久造が、懐かしい写真を見ながら当時を振り返るコーナーもございます。

さて、陽之助が1961年にプロデュースした映画「シンフォニージャパン」が、
BSジャパンで12月29日(月)21:00の放送でご覧頂けます。

『シンフォニージャパン1961〜2015』/BSジャパンで12月29日(月)21:00

http://www.bs-j.co.jp/official/symphonyjapan/

作曲家千住明氏、写真家桐島ローランド氏による「シンフォニージャパン2015」も楽しみです。

blog002

iPhone撮影用のスタビライザープロジェクト

動画制作サービス 「スポットライトムービー」の鈴木康元です。

本日はiPhone用撮影機材について。

手持ちの撮影でどうしても発生するのが手振れ。効果的なこともありますが、通常は可能な限り防ぐことがセオリーです。固定の場合は三脚を使用すればよいですが、移動の場合はそうはいきません。

特にスムーズな移動ショットを撮影する場合、CMやドラマの現場ではステディカムなどの機材を使用します。

手ぶれ防止用機材はiPhoneやGoProのためにも、いくつか発売されていますが、やはりオモリの部分などかさばりがちで、価格もお高め。そんな悩みを解決するスタビライザーがクラウドファンディングで資金集めに成功している事例を発見。

なんと、iPhone内蔵のジャイロセンサーを使い、専用アプリによりグリップのモーターを制御するというモノ。
グリップとの電気的接続にはイヤフォンジャックを使用するとのこと。価格は11,000円。

ちなみに昨日9月25日にパトロンの募集は終了しましたが、目標額の50万円を大きく上回り支援総額は2,522,567円になっています。

鈴木の普段使いには必要なさそうですが、ガジェットとしてはかなり面白く、遊んでみたいものです。プロジェクトを立ち上げた方に敬意を表します。

 

VS東京

先週末からネットで徳島県のPR映像「VS東京」が話題になっています。

土曜日にYouTubeで見た時は5000viewぐらいだったのが

今日見てみたら50000viewと10倍に増えていました。

単にカッコいい映像、というわけではなく、コンセプトがしっかりしているから

映像が展開していて見ていて飽きません。

作り手とクライアントがちゃんと組めている仕事ってやっぱりいいですね。

 

C300を導入しました

いよいよ「Spotlight movie」でも

Canon新型カメラの「C300」を導入しました!

CMや映画も撮れてしまう、すごいカメラです。

早速、今週末の撮影に向けて

監督と撮影監督がセッティングをやっています。

もちろん「Spotlight movie」の案件でも

このカメラにガンガン活躍してもらいます!

 

 

写真

自己組織化ロボット。粘菌とか。

blog002

鈴木康元です。

普段から気になってるロボット開発ネタ。いつか自宅で飼おうと思っている「粘菌」的な行動を起こす自己組織化ロボット。
クールジャパンの原点ともいうべきアニメ「攻殻機動隊」に登場するフチコマとかもこの類かと。組織論的にはピラミッド型の指令系統でなく、「個」が自立する多中心でフラットな。・・にしてもSense of Wonderな感覚をくすぐられます。

生物としての粘菌の動きはコチラ。迷路の中をエサを求めて最短のルートを選択していきます。久々に南方熊楠を読みたくなったの巻。