library02

町おこしの方法として、自治体のPR動画が気になりますっ!

 

こんにちは。インターンの根本です。

 

皆さんは、映画やアニメを見たり、あるいはそれについて話すときに

よく「聖地」という言葉を耳にしませんか。

 

例えば、映画『フラガール』は、福島県いわき市の常盤炭鉱が聖地です。

わたしの地元の埼玉県春日部市は、『クレヨンしんちゃん』や『ラキ☆スタ』の聖地と言われています。

AKB48の「恋するフォーチュンクッキー ○○県ver 」やふなっしーが、

全国に名乗りを上げてるのも、Youtube やテレビからもうかがえます。

私の大學の教授で、町おこしとアニメライヴを絡めて、コンテンツ業界の人だけでなく、

自治体を巻き込んだビジネスを展開されてる方がいます。

 

自治体のPR動画は、公共政策的にも重要な戦略の一つです。

 

『フラガール』見て、いわき市や常盤炭鉱に思いを馳せたり、フラダンスに興味を持つ人がいる。

『氷菓』を見て、岐阜県の飛騨の素晴らしい景観をPRしたいという思いを深める人がいる。

『ローマの休日』を見て「トレビの泉」へ観光しにいく人がいる。

(動画を見ると、「私、聖地が気になりますっ!」となる by『氷菓』)

 

あなたも町おこしの方法として、自治体のPR動画を作ることも含めてみたらいかがでしょうか。

Spotligt Movie はその思いにお応えできるような動画制作の相談に乗ります。

 

さて、そんな宣伝文句を言ったあたりで、今日は……

私がおよっと目を惹かれた、

自治体のPR動画を勝手に3つえらびました。

 

 (1)大分県【 おんせん県って世界に言っちゃいましたけん! CMシリーズ全15編   】

 

まず単純に内容が面白くないですか。

一つ一つが短くて、目が惹かれる。

短い動画に多くの情報を盛り込むよりも、この方が印象に残りやすいと思います。

くすりと笑えるのは、短い中にもちょっとしたオチがあるからだと思います。

「おんせん県、大分! 味力(みりょく)もいっぱい」というキャッチを視聴者に刷り込むのも重要です。
なんだか、これ書きながら、大分に行きたくなっちゃいました(笑)

 (2) 高知県 『【公式】高知家の大家族会議 2014 』

 

広末涼子ファンも高知県民もぐっとくるPR動画!

方言っていいですよね。

高知県を「高知家」と言い得変えるキャッチもまた響きがいいな、と思います。

渋谷区で動画制作と言ったら、Spotlight Movie ですが、弊社も様々なジャンルのPR動画の実績があります!

ので、お客様にうちのノウハウをおすそわけするやき!(笑) ←しれっとこじつけ

 

 

(3)神奈川県 【 ENJOY JAPAN! (神奈川県海外向けPR動画)  】

 

なんか和みますね。赤レンガに足を運びたくなりました(笑)

上の動画をほどこなれた演出ではないかもしれませんが、

素朴な感じで、自治体のPR動画らしさが出てるのもまた良いと感じました。

 

 

以上、ざっと自治体のPR動画を見ていきましたが、いかがでしょうか。

町おこしの戦略の一つとして、動画PRの強化を見直してみるのもいいと思いませんか。

もちろん、その地域のPRポイント(中身)あっての動画ですが、

それを広く認知させ、見る者をつき動かす力があります。

そう、最初に述べた「聖地巡礼」という現象を生み出す力が、PR動画です。

 

Spotlight Movie もそのお手伝いをすることができますので、

まとまった構想をまだお持ちでない方も、相談だけでも気軽にしてください。