海外向け動画制作サービス

動画制作会社のインターン生、企業PR動画で盛り上がる

こんにちは。インターンの根本です。

 

前回は、まだ映像のプロでもない一介の大学生が、勝手に大学のPVについて語るという所業をやらかし、

「なんだこいつ、ニコ動系の実況ゲー・キャラか」 と思った方がいたかもしれません(笑)

うぉっほん(咳)。

 

しかしですね、いい意味で成熟度が高いノウハウを持つ弊社(インターナシヨナル会社)に

私のような素人が率直な疑問や意見、感想を述べることは非常に意義があることと思っております。

もしかしたら、それがこのブログを見てるあなたのお役に立てるかもしれません!!

 

渋谷あたりで動画制作頼める会社ないかな、と思ったら、

Spotlight Movie のHPやブログを見て参考にしていただけたら幸いです!!

 

というわけで今日もそんな感じで、 ちょっとしたCMやPR動画についてみていきたいと思います!!

ここ数年間、YouTubeやDailymotionとかで動画見てると、 途中で数秒間強制的に見させられる広告動画よく見かけませんか。

数か月前、私は、『進撃の巨人』のパロ動画見ようとしたら、

頭にエレンたちがカミソリの宣伝してる広告出てきて、一人爆笑したことがあります(笑)

【爽快の巨人 (Schick x 進撃の巨人)   】

これ、あとで、エバやワンピースのもあると知って、二度びっくりしました。  二度、爆笑!!

けっこー前ことだというのに、わたしはおかげでSchick という商品名を忘れることができません(笑)

 

広告の力ってすごいですよね。

役員の方から聞いたんですが、2014年は「Web動画元年」とも言われてたそうです。

弊社でも、B to C だけでなくB to C 用の業界PR動画は作っていますが、今後、業界PR動画の需要はさらに増すでしょう。

ただし、先にあげた、豪華なCMは相当な費用がかかると思います。

でも、こんな動画ばかりが全てではありません!

それで、Spotlight Movieには何ができるかなと考えました。

 

私がおよっと目を惹かれた、業界PR動画を勝手に3つ選びました!

 

(1)【 認証印刷ソリューション [SPSE] 日本テクノ・ラボ株式会社 】

 

(2)【統合監視映像システム [FireDipper] 日本テクノ・ラボ株式会社 】

 

(1)も(2)も商品PRの動画です。

具体的なデータとともに、商品購入することで得られるメリットをぐっと押し出した内容になっています。

一言でいうなら根拠のカタマリ。しかし、それだけだと嫌味な内容になりがちです。

動画を視聴する側のことを察しているような表現も滲ませなければなりません。

上の2つの動画は、それができていると思いませんか。(ドヤ顔)

ちなみに、二つともうちの者が作ったものです!

このクオリティーの動画ならSpotlight Movie で作れるので、ぜひお見知りおきを!!

予算は、80万~100万円くらいです。

 

 

さて、(1)の動画なら、

社内の印刷を管理するシステムを導入したいと考えている方には、

契約を結ばせる決め手となることでしょう。

これは宣伝、CMとしての効果です。

つまり、このソリューションを提供する側、日本テクノ・ラボ株式会社のメリットになります。

しかし、それだけではありません。

このソリューションの購入を検討する方には、自社の人に打診するときにこの動画を見せるだけで説明がつきます。

あるいは、この動画を使ってプレゼンもできるし、お手軽にメールで送信することだってできます。

つまり、動画を見る側も、そこで宣伝されてる商品だけでなく、その動画を利用できるメリットがあるのです。

このようなPR動画制作を依頼するということは、

「商品を買ってもらうため」だけでなく、「その動画を多くの人に利用してもらうため」というメリットを買うことにもなります!

 

(3)【JOICFP   活動紹介動画】

 

胸にズシンときませんか、この動画。

こんな活動があり、組織があるということ以前に、

「世界には救われるべき女性が数多くいること」を認知させる意味を持っています。

包容力のある女性のナレーションを聞いてしまうと、これ以外にありえない気がします。

 

Spotlight Movie でも企業・組織PRに他のメッセージを滲ませるお手伝いをしていきたと思っています。

またプロのアナウンスや翻訳を手配するノウハウも充実していますよ!

いやはや、またまたSpotlight Movie の宣伝をしてしまいました。

しかし、こうやって動画をアップしながら、弊社でできるサービスを伝え、 考察していくためにも、しばらくこんな感じで続けます。