slik_carbonpod_fl_20111021

一脚のススメ

ビデオ撮影の際、カメラを安定させる事はとても大切です。
ガクガク動く映像では、見る側も内容に集中できません。

カメラを安定させるツールとして最もポピュラーなのが三脚でしょう。
しかし良い三脚は動きも非常に滑らかですが値段もまた良し。加えてサイズも重量もそこそこあり、運用面で決して手軽な機材とは言いえません。

そこでおススメなのが一脚です。

言ってみれば伸び縮みする棒。伸ばした先端を接地させ、左手で一脚を握り、右手でカメラを操作するのが一般的な使い方。これで手持ちとは比べものにならない程安定します。一脚なので場所をとらず、人混みでも使えます。

しかし、いったん伸ばしたしまうといざ移動の際に一脚の先端が地面に支えてしまうし、かと言ってその都度伸ばしたり縮めたりするというのも面倒です。

そこで一工夫。一脚を短くしてその先端をズボンとベルトの間に引っ掛けてみます。
思いのほか安定しますし、いちいち伸ばしたり縮めたりしないで移動もできます。歩き方にコツがいりますが移動撮影なんかもできちゃいます。

「ズボンとベルトの間に引っ掛けるのはちょっと強引じゃないか」という方には、ベルトに取り付けたり、首や方からぶら下げる一脚サポート用のホルダーも市販されています。

以上のような使い方をする際には、必ず雲台付きの一脚か、雲台アダプターを付けた一脚をお使いください。これであなたも自由自在に安定感のある素敵な映像が撮れることでしょう。

もっと素敵な映像にしたい場合は、弊社までお問い合わせを。

以上、渋谷区神宮前のインタナシヨナル映画(株)技術室より髙橋がお伝え致しました。