Web動画の未来

動画広告が「元年!」ともてはやされた2014年も

残すところあと1ヶ月あまりとなりました。

代表の中原です。

 

Youtubeを見ていたらこんな座談会映像に遭遇

 

…確かに年々、「広告」というものに心打たれなくなっている

方も多いのではないでしょうか。

クライアントの言いたいこと、伝えたいことを映像化しつつ

「あざとくないもの」「リアリティのあるもの」が

単純に見ていて楽しかったり、心動かされたりしますね。

この座談会でも話題になっているように

今私たちを取り囲むメディアは「リアリティ」があるものばかりなので

いわいる一昔前の「ハイクオリティ」は通用しなくなっていると思います。

動画広告自体がドキュメンタリー化していっていると言うか…

 

Spotlight movieでも、こういった時代の変化には敏感でいたいですし、

その上で「胸にささる」映像制作をご提供したいきたいです。