blog002

iPhone撮影用のスタビライザープロジェクト

動画制作サービス 「スポットライトムービー」の鈴木康元です。

本日はiPhone用撮影機材について。

手持ちの撮影でどうしても発生するのが手振れ。効果的なこともありますが、通常は可能な限り防ぐことがセオリーです。固定の場合は三脚を使用すればよいですが、移動の場合はそうはいきません。

特にスムーズな移動ショットを撮影する場合、CMやドラマの現場ではステディカムなどの機材を使用します。

手ぶれ防止用機材はiPhoneやGoProのためにも、いくつか発売されていますが、やはりオモリの部分などかさばりがちで、価格もお高め。そんな悩みを解決するスタビライザーがクラウドファンディングで資金集めに成功している事例を発見。

なんと、iPhone内蔵のジャイロセンサーを使い、専用アプリによりグリップのモーターを制御するというモノ。
グリップとの電気的接続にはイヤフォンジャックを使用するとのこと。価格は11,000円。

ちなみに昨日9月25日にパトロンの募集は終了しましたが、目標額の50万円を大きく上回り支援総額は2,522,567円になっています。

鈴木の普段使いには必要なさそうですが、ガジェットとしてはかなり面白く、遊んでみたいものです。プロジェクトを立ち上げた方に敬意を表します。