2016は動画の年?じゃなかった

今年も残り3日ほど、私から見た2016年は、インターネット動画の加速した年であったと思います。それは携帯端末の映像記録機能が格段に向上したこと、そして手軽に編集ができるよいになったこと、加えるなら自分の画像をアウトプットできる場所が一般化したことです。

「おでんツンツン男」は記憶に新しいとは思いますが、映像は誰でも主役になれ、誰でも撮影と編集ができ、誰でもアウトプットもできてしまうものになったのです。その映像は4Kクオリティで、テレビCMよりも素早く制作編集ができ、低コストで自らの意思で多くの人が見る可能性を持ち、同時に批判も賛同も得られるものになっています。こんな自由、今までにあったでしょうか。

昭和の時代、若者たちの自由の象徴は「車」でした。車は自分の行きたいところへ、自分の行きたい人と、自分のコントロールで行ける、まさに自由の象徴であったと思います。

いま若者は「車離れ」を起こしています。車業界は「若者に車を」と、躍起になって広告代理店に施作を提案させ実施させています。大手代理店はそれを推進しながら、その一方で、今後のメインストリームはネット・SNS、動画・VRであるとして参入に躍起になっています。この背反する活動が、時代が新しくなる邂逅であることを示しています。代理店は顧客の代理ですから実に率直に世相を示す機能でもあります。広告代理店は時代の先取りのような企業イメージを受けた次代もありましたが、今は本来の使命である、お客様の代理に徹することで、かろうじて名目を保っています。それが車の広告施作とネット施作に現れています。

一方、米国に目をやれば、米国大統領選挙結果は古き良き時代を取り戻す、多くの白人中流層の願いの結果ですが、時代は元には戻らないのではないでしょうか。先の「車」の例のように、経済の動きに歯止めは掛けられないと思いますし、広がったネットワークに国境は設けられない。もしそれを無理にすれば、彼らが批判する中国、北朝鮮と同じような統制国家を建設しなればならないことになります。トランプ氏は選挙の顔と実際の政治は違うと賞賛されていますが、進んでいる車にバックギアは入らないのだと思います。マルクス経済は批判に耐えられず死滅したと思っていたのですが、下部構造が上部構造を規定するという法則に従っているのが今の時代のようにも思えます。

さて今年一年を「WEB映像の加速した年」と思ったのは、現在の「自由」の象徴は「アクセス」にあり「つながる」ことにあると思ったからです。インターネットはビジネスモデルを変える産業革命だと言われたのは1995年くらいのことだと思います。しかし変えたのはビジスネスタイルでなく、「自由」の概念であったと思います。今後、もっと映像表現はネットで拡散すると思います。それは映像がそもそも直感的で、撮影機器の性能向上で誰もが扱えるようになったことで、自己の存在価値を示し、孤独感を払拭するためにもネットにアクセスする手法として拡大すると思います。映像の目的は、ネットへのアクセスツールであり、突き詰めれば、誰かとつながるツールだと思います。

私たちは映像制作のプロフェッショナルです。そのポジションで私たちの携わる企業の映像を考えると、本物・ミッションが問われる時代に入ったと言えます。映像は率直な表現です、CMのように全て演出なら別ですが、企業がネットにあげる映像は、商品の機能のみでなく企業の姿もリアルに現れてしまいます。私たちはレンズを通じて企業のリアルな姿を伝えることが映像制作のプロとして問われることだと思います。

2017は、オールクリエーターとオールミッションの時代。正直な姿を映し出す映像は、今年以上にその機能を全開にする年になると思います。

本年はありがとうございました。

2017年もよろしくお願いいたします。

記 hirashita