「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」

ジャパニーズポップカルチャーを世界に向けて発信する“もしもしにっぽんプロジェクト”の、ジャパニーズポップカルチャーの祭典「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」が11月24日(木)~27日(日)を東京体育館で開催されます。

私たちも渋谷神宮前に拠点を置き映像制作をする会社で、海外向け映像を得意としていますので、この原宿から世界へというムーブメントは大変に気になるところです。

「もしもしにっぽん」をこ存じない方も多いと思います。彼らは「日本の新しい魅力を世界へ。」をテーマに掲げ、「カワイイカルチャー」を世界へ発信しているアソビシステムを主軸に、日本を代表する各企業と手を組み、オリジナルのオールジャパンを形成し、国内外に数多く存在する「ニッポンファン」の開拓、獲得を目的に、日本のポップカルチャー(ファッション・音楽・フード・アニメなど)を世界に向けて発信していくプロジェクトです。ちなみにアソビシステムはキャリーパミュパミュの所属する会社です。オフィシャルウェブサイト http://moshimoshi-nippon.jp/

このようなカワイイカルチャーが日本観光の目的の一つになることを5年前は誰も想像できなかったと思います。そして2020年世界から東京を訪れる多くの人は、今以上にカワイイという日本語を理解できているかもしれません。東京渋谷原宿で吹いた風はいまはWEBに乗って世界に拡散するようになりまったのです。2106年11月24日からの「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016 in TOKYO」を子供たちのフェスだと決めつけず、世界から、世界へ、というビジネスビジョンをお持ちの方は参加されてはいかがでしょうか。

hirashitamain