TVCM限界説?

代表の中原です。

昨日は『千原ジュニアの激論!Abemaコロシアム』に

の生放送収録の現場に行っておりました。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160714/Techinsight_20160714_279749.html

 

弊社からプロデューサー・アシスタントプロデューサーの2名が

参加していたので見学させていただきましたが

スタジオにいると明らかに邪魔だったので

関係者控え室でひたすら放送を見るという感じでしたが。

 

途中で3回ほどCMが入るのですが全て「Abema TV」の宣伝

すなわち自社広告です。

スポンサードされずにサイバーエージェントさんとテレビ朝日さんの

資本力でひたすら突っ走っている、という感じでしょうか?

逆に各種媒体への広告出稿はすごいです!

https://markezine.jp/article/detail/24796

 

 

「web動画元年」と言われたのが2年前の2014年。

CM市場の縮小と並行して確かに動画広告の市場は広がっていますが

さて効果のほどは…?

ということが問われるようになるでしょう。

私たち動画コンテンツの制作者にとって無縁であった

KGI (Key Goal Indicator)

KPI(Key Performance Indicator)

さらには

CPC(Cost Per Click:1クリックあたりの単価)

CPA(Cost Per Acquisition: 一人あたりの支払額)

なんてことを意識したサービス提供を行わないといけない時代になりました。

 

弊社には代理店出身のプロデューサーがいるので

「マーケティング」という視点を日々教わっています。

やってみるとなかなか面白いです。

 

ただリーチ・フリークエンシーを考えると

まだTVCMは広告媒体として絶大です。

本当にTV見ない世代が社会や消費の中心になるまで

その存在感は維持されるのではないでしょうか?

 

そこで面白い記事を一つ。

リーチ、フリークエンシーともに巨大な規模で

広告が打てる資生堂さんのWebマーケテイングの活用法です。

大手企業にとってはこの「ハイブリット」とも言える

手法が主流になっているようです

http://markezine.jp/article/detail/24620

 

ネットとリアルを結ぶ、ということでは私たちも

アイディアを練っていて、

某大手企業さんとのコレボレーションを計画中。

将来的に原宿、神宮前といった渋谷区を中心に

展開できればと思っています。

そのあたりのご報告はまたいずれ。