パラスポーツ

代表の中原です。

2020年の東京オリンピックがとかく話題になっておりますが

今年はリオ五輪の年です。

 

イギリスの放送局Channel4がパラリンピックの映像を

リリースしておりますが、これが素晴らしい!

 

何が素晴らしいのか、考えてみると

全編を通じてスポーツの持つワクワク感や

エモーションがとてもポィティブに描かれている点でしょうか。

 

実は私たちもあるTV番組でパラスポーツの選手を密着取材中です。

こちらはドキュメンタリー番組なので

ただただ陽気に、というわけにはいかないでしょう。

障がい者という言葉はあまり好きではないですが

彼らの前には果たして壁があるのかどうか?

壁があるなんて思うのは、私たちの偏見なのか?

そもそも健常者を「私たち」なんて言っている時点で

私たちから線を引いていはいないか?

 

いろいろと考えてしまいます。

すでに障がい者スポーツはwowowさんが

かなり力を入れていてドキュメンタリーをどんどん製作中しています。

 

我々もできればシリーズで障がい者スポーツの映像を

作っていきたいと思っています。

どなたかスポンサードしてくださる企業さんがいると

いいのですが…