東京都足立市場マグロの競りに行きました  

競り会場から市場を見る台車に乗せられ運ばれるマグロ

東京都のPR映像「&YOU」の撮影下見で、足立市場に行ってきました。早朝5時30分からマグロの競りが始まりました。マグロと言えば「築地」が有名ですが、足立市場も東京都内の生鮮魚の流通としては大切な場所です。築地との違いは、特定の日を除けば一般の人に市場が解放されておらず、専門業の方々オンリーの取引の場であることが特徴だと思います。市場の中は凛とした空気感で、寒さよりも緊張感の方が張り詰めています。撮影本番は来週になり、朝4時からマグロを捌くシーン、その後、競り風景、そして市場の中という段取りで撮影をします。東京の魚はもちろん日本全国、そして世界から運ばれた魚たちで日本一、いや世界一魚の種類の多い市場だと思います。東京は政治経済はもちろん「食」についても日本の首都である実感がする場所です。そして、東京は日本全国でも抜きん出て有数の魚料理を楽しめる場所でもあります。下見を終えて市場入り口付近にある食堂で朝食をとりました。市場の方々にとっては、夕ご飯なのかもしれません。新鮮な刺身はもちろん、焼き物、揚げ物、煮物の魚が振る舞われます。多分、この食堂では、長い間同じ光景が繰り返されていると思います。東京はフアッション都市でもあり流行に敏感な若者を中心に、日進月歩でフアッションも変わって行きます。しかしこの市場は、昭和から姿も形も変わらず、世代だけが入れ替わり続いている場所でもあり、それでも決して時代遅れでも、昭和風でもなく、とても空気に溶け合っている不思議な空間でもありました。このブログを投稿した後、秋葉原のメイドカフェの下見に行きます。どんな東京に会えるのか楽しみです。

 

記hirashita