原宿神宮前商店会のインバウンドイベント開催

原宿観光大使

原宿観光大使

2016フアッションツアー

2016フアッションツアー

外国人観光客向け原宿ファッションガイドツアー「HARAJUKU Fashion Guide Tour 2016」が2/15日より三日間行われました。主催は原宿神宮前商店街。協力・渋谷区、経済産業省 クリエイティブ産業課、渋谷区商店街連合会、一般財団法人渋谷区観光協会、アソビシステム株式会社、タイムアウト東京株式会社などです。このインバウンド観光客向けのイベントも10回を数えています。イベントにはアソビシステムさんも協力され「谷奥えま・谷奥えりさん」のお2人も、原宿観光大使として案内を行いました。地域創生など無関係関係のような原宿でも、このような新たなニーズにたいる活動をしています。この活動で多くの外国人の対応は無理にしても、原宿地域の方々にとって、観光でこられる外国人はお客様である意識と、外国語の接遇への意識も街全体に広がるという効果もあります。また何よりもフアッション・新しい文化の発信地である自覚と、アピールができる大切なイベントだと思います。インターナルマーケティングといってもいいと思います。また興味深いのはイベント協力に、アソビシステムさんという新しい文化を生み出している会社も、観光大使の派遣はもとより、社長もイベントにも参加していることでした。社長は35歳で大変に若い社長ですが、地域との関係を大切にしている様子が伺えました。新しい文化と地域が育ててきたブランドが融合し、新たなブランドに育っていくのかなと思いました。地域創生というと「地域ブランド育成システム」だ、「まずは調査だ」など、一律のメソッドで地域創生活動ブランド作成を行う会社もあると聞きましたが、まずは自分たちで楽しんで、自分たちの価値とすべきことを考えて、まずは行動してみることが大切だと思いました。一律のメソッドなんてブランド育成には絶対ないと思うのですが・・・。

 

記 hirashita