インバウンドってなに??

こんにちは。

インターンの根本です。

弊社に来て、なんやかんやと1年が経ちました。

IMPCでお世話になってからの一年、日常的に日本の素晴らしいところ、

ドキュメンタリー映画、そして、海外交流といったものに関心が高まりました。

今年の流行語大賞の一つに「爆買い」ってありましたよね、そこで今日はインバウンドについて書いてみようかと思います。

 

インバウンドとは

 

インバウンド(外来語ですが……)とは、自国に海外の人々を誘致すること。

それによって消費が増える、つまり経済活性化にもつながるわけですが、その話をすると最近では「爆買い」を連想する人も多いじゃないでしょうか。

20年のオリンピックに向け、ますます訪日外国人も増えて、人々の「インバウンド」の関心も高まるかと思います。

しかし、訪日外国人やこれから日本を訪れたい方にとって、日本にできることってまだまだたくさんありますよね。

 

たとえば、訪日する前にこんな不安を抱いてたとします。

・自分と同じ国の人と交流する場ってあるかな

・電車はすごい混むっていうけど大丈夫かな

・飲食店は高いのかな

・自分の口にあうフードはあるかな

・自分が訪れる予定の町はどんな様子だろうか

・お買い物を楽しむにはどうしたらよいだろうか

 

「大丈夫、こんなのがありますよ。日本ではここがこうなっています」

と応える手段として、口コミを含めてメディアがあります。

 

そのときに、文字媒体もいいですが、慣れない国のことを調べるなら、映像のほうがイメージしやすいですよね。

ニーズにお応えできるように、私たちは映像制作によって貢献したいと考えております。

 

あ、書きながら思い出しました (笑

国人の社員に聞いたのですが、日本には「police stationとは別に交番(Koban)がある」ことに驚いたことがあるそうです。

他にも、様々なお店でおしぼりが出てくることや、公共施設のトイレ設備の充実などに感動したなど、我々日本人からしたら“あたりまえ”のことの中に、そんな側面があったりするようです。

 

外国人の方からすれば、日本に来る前にその“あたりまえ”を知っておけたら助かりますよね。日本にある「優先席」の紹介、日本のトイレの機能性の高さを紹介する動画だって、有益なPR動画になるわけです。

 

例えば、あなたが勤める会社や団体の活動のなかに、海外の人にとって「知っ得」な情報かもしれません。

あ、これ、海外の方にもっと知ってもらいたいかも。利用してほしいかも」

それを動画にまとめたい方はスポットライトムービーにお任せください 笑

スポットライトムービーでは、海外向けの動画を長年数多く制作してきた実績があります。

 

自主上映会で逆のアプローチ

そして、忘れがちですが、私たち日本人も外国人の方々について学ぼうとする姿勢がますます大切になると思います。

 

弊社では、そんな趣旨で「神宮前一丁目シネマ」というドキュメンタリー映画の自主上映会を行っています。(第二回は1月30日に、原宿のカーサモーツァルトにて)

この上映会では、毎回1つのテーマを打ち立てて、そのテーマに沿った内容の映画を上映会を行います。

 

 

 

それを通して、声なき声をくみ取ったり、机上の学習では想像の及ばない人間の機微や抱えている切実さといったものを多くの方と考える場を提供したい。その思いを込めて、去年の11月からスタートした弊社の企画です。

インバウンドを考える方にとっても有意義な会になるかもしれません。

 

Twitter公式アカウント

@beback1024
Facebookページ  https://www.facebook.com/events/376549115848782/