R0015854

表参道はクリスマス

クリスマスもいよいよ来週。バブルの頃はクリスマスは異性と過ごすことが大切なポイントだった。しかし昨今は「クリぼっち」という言葉がマスコミで取りざたされるように、一人でクリスマスを過ごす人も多くなったようだ。

クリスマスも様変わりしたように、クリスマス音楽も様変わりしたのだろうか。SoftBankのCM音楽で山下達郎の「クリスマスイブ」が使われていた。山下達郎といえば、1989年JR東海新幹線のCMで使われ大ヒットした曲である。タレントは牧瀬里穂。その曲がまたクリスマスに使われている。テレビをあまり見ない私がこのCMを見るのだから、多分1000GRP以上のテレビ出稿はしていると思う。しかしこのCMで牧瀬里穂をリアルに思い出す層は、多分このCMのターゲットではないはずである。SoftBankのターゲットは10代後半〜20代。その世代が牧瀬里穂をのJR東海のCMを知るはずもない。つまりSoftBankのCMを見て、人口比率から言えば多くの人がJR東海を思い出し、牧瀬里穂を思い出している。あの歌を聴けば多くの人はJRを思い出すのだ。記憶に残るCMとはそんなものだ。

そんなことを思って、ネットで「クリスマスソングランキング」を検索してみた。すると2015年調査で、N01山下達郎・クリスマスイブ NO2ワム・ラストクリスマス No3マライアキャリー・恋人たちのクリスマス No4B’z・いつかのメリークリスマス No5稲垣潤一・クリスマスキャロルの頃には No6松任谷由実・恋人がサンタクロース No7BoA メリクリ No8桑田佳祐・白い恋人達 No9ジョンレノン&ヨーコ・ハッピークリスマス No10 L’Arc〜en〜Ciel・Hurry Xmasとなっていた。(データーCD&DL) 新しい音楽、バンドが登場しても、クリスマスソングの人気は、あまり変わっていないのだ。最近の曲はリズム重視のような気がしている。CDの売り上げのダウンし、コンサート集客はあまり落ち込んでおらず、みんなで盛り上がる音楽がいまのトレンドなのかも知れない。カラオケで皆んなで騒げる曲だ。しかし2015クリスマスソングランキングはメロディラインがしっかりしていて、歌詞が残るものが多い気がする。私たちは映像の仕事に携わっている。私たちは記憶に残る映像を生み出したいと願っている。記憶に残れば五感で思い出すことができるのだ。映像もしっかりとしたメロデーラインと歌詞をつけたいものだ。

写真は表参道のイルミネーション。

東京都渋谷区 原宿で動画製作の最も経験のある

インタナショナル映画

記 hirashita