動画記録の素晴らしさ

本日、東京で100年を超える、インフラ企業の周年記念ビデオを、拝見させていただきました。制作は驚くなかれ、そのインフラ企業の内部編集室で行われ、当社はそのインフラ企業に関わる、歴史あるアーカイブをご提供をさせていただきました。

その会社の8分の社史映像は、さすがに100年前に近いものは写真でしたが、昭和の記録は動画がほとんどでした。当社も、渋谷に在住する動画製作会社で、63年を超えましたが、動画を中心に製作されたこの社の社史映像は、郷愁のみでなく、佇まいまでが読み取れ、新しい社員の方にも、過去の出来事でなく、今に続く先輩たちの活躍というリアルさが感じ取れました。

この会社は、社の映像記録を豊富にお持ちですが、多くの歴史ある企業の中には、写真での記録は残していますが、動画の記録を残されている会社は少ないと思います。今、スマートホンでも高質な画像が撮れ、APLLEのCMはi-phoneで撮影したものが、TVで使用できるほど映像の質は上がり、身直なものになっていますが、企業では自社の活動を、動画で記録する習慣、文化はあまりないようです。しかし、企業の歴史が長くなれば、創業の志、先輩の汗などが継続には大切な要素になると思います。

私たちも映像業界に身を置きながら、社史映像も動画で編集すれば記録ではなく、生き生きと再現できると感じ入りました。古いものは写真、という固定観念は捨てた方がいいし、今も100年先から見れば古い時代となる視点が大切だと思います。100年先の社員たちが、「2105年映像がある時代に、記録を残していない先輩達」と言われるのは少し癪だと思いませんか。

私たちは多くの企業紹介ビデオを制作していますが、深く会社に入り込んだ企画が得意です。ご興味ある方はメールでお問い合わせください。

 

記 hirashita