preview01

式典会場の上映で確認すること

こんにちは。鈴木康元です。
先日プロデュースしました、ある団体様の50周年記念式典の会場試写に行ってまいりました。
都内の某ホテルで、約600名参加の式典になります。今回は、お客様側の意向で、少し明るめの状態で上映されたいとのことでしたので、その状況を再現しての確認がメインでした。
実際の会場の明るさで確認したところ、会場の一番後ろからもテロップの視認性は問題が無かったので、まずは安心。
他も特に問題点は無く、あとは式典本番の上映が滞りなく行われることを願うばかりです。
弊社では、映像制作に付随して、上映についてのご相談も承っております。
その際、上映環境、会場設備として下記のようなことを留意する必要があります。
●スクリーンのアスペクト比は?(4:3、16:9?)
●送出する機器は?(HD画質ならblu-ray デッキ、SD画質ならDVDデッキ、PCからのデータ送出)
●プロジェクターの性能(明るさは何ルーメン?等)
●プロジェクターと送出する機器の接続
(最近はデジタルのHDMI、ちょっと前のPCからのアナログ出力ならVGA(Dsub15ピン)等)
●会場音声出力機器への接続(端子の形状は?)
●式典で上映するタイミングでの会場の明るさは?(必要に応じてプロジェクター機種交換)
映像制作の段階では、アスペクト比(4:3?16:9?)と、画質(HDか?SDか?、最近ではもっぱらHDですが・・)が確定できれば、まずは制作はスタートできます。スポットライト・ムービーを運営しています、インタナシヨナル映画は、企業様、団体様の周年記念事業用、各種式典用の動画制作も承っております。
東京渋谷区の動画制作サービス「スポットライト・ムービー」まで、お気軽にご相談ください。