120px-PublicInformationSymbol_EmergencyExit.svg

情報をシンプルなアニメーションに

こんにちは、鈴木康元です。
今日はピクトグラムの話です。
ピクトグラムは、パッと見て何であるか?理解できるように単純化したマークを指します。
例えば、人が走り出している非常口のサイン。公共交通の案内標識や、自動車の運転席にもワイパーなど機能を示す記号が記されています。簡単に言えば絵文字です。
近年、このピクトグラムをモチーフとした動画制作も多く見られるようになりました。
私が初めてピクトグラムのアニメーションを見た記憶は2004年の森美術館の企画展に出展されていたプロダクトデザイナーの深澤直人さんの非常口をモチーフにした作品でした。たしか非常口の人型が疲れて屈伸したり、女性のピクトに目を奪われたり。おもわず微笑んでしまう作品でした。
ピクトグラムは人型や、幾何形体を使用して物事や行為を表現することにより、情報を極力そぎ落としシンプルにし、必要な情報のみを際立たせる効果を持ちます。さらにこれをアニメーションで動かすことで、ストーリーを持たせることができます。
eコマースのサービス紹介動画などでは、ネットワークとユーザーの関係性を模式的に表現することにも向いています。ピクトグラムを活用したアニメーションは、難解になりがちなサービスや商品紹介を短時間にわかりやすく訴求していく動画制作の手段のひとつです。
例えば米国のネットワークサービス企業「CISCO」
病院で火事になったら何をすべきか?
【スポットライトムービー】ではピクトグラムによるアニメーション、ピクトグラムと実写による複合的な表現などご相談内容に応じ動画表現を最適化、ご提案させていただきます。